認知症を予防・改善する手段(リンク集)

介護事業所の多くが、慢性的な人材不足に悩まされていると報じられている。特に訪問介護の事業所で人手不足が深刻だという。介護の知識と経験が必要でストレスも大きい職種なのに賃金が安く、離職率が一般的に高い。そして、休廃業する介護事業所の件数についても、増加する傾向が継続していると報じられている。

介護保険を使ったサービスの利用に伴う、全国の市町村及び東京都各区からの介護給付の総額は、これまでも毎年増加してきたが、この傾向は今後も変わらないだろう。 そして自治体が決める介護保険料は、2000〜2002年度は全国平均で2,911円であったが、2021〜2023年度には6,014円に上昇、当初の約2倍の金額になっている。そして2025年度には約7,200円になると見込まれている。(→2021年度 介護保険料値上げ)

人口減少、少子高齢化の進展は今後も続き、国・自治体の赤字財政は深刻さを増してゆき、介護保険制度利用のハードルはますます高くなるでしょう。(→'21年介護保険制度改定では利用者の負担が激増!)

自身が年老いても自立した生活をできるだけ長く続けるために、そして家族・支援者・社会にかける負担を少しでも軽くするために、認知症の予防介護予防の自助努力は欠かせないでしょう。

Contents

[Updated 2023-03-27]