技術 災害” 関連の書籍を pick up してご案内しています。
読者の感想などの書籍の詳細情報は、本の画像を Touch/Click してご覧ください。("Rakuten Books"のページが開きます)

[ Page: 1 / 4 ]
cover 書名,副題
編・著者 出版社
発行日 Reviews 判型 税込価格
this cover リスク大全集災害・社会リスクへの処方箋 - 災害リスクを知り、社会リスクに備える
末次忠司 技報堂出版
2021年03月 1 単行本 2860
this cover 災害事例から学ぶ安全対策春夏秋冬 - 作業員を災害から守る現場監督・職長の心得
仙台建設労務管理研究会 労働調査会
2009年05月 0 単行本 880
概要:季節ごとの災害事例を入れ、その季節で留意すべき基本的事項及び知識として知っておくべきことを、簡潔にまとめた。災害事例には、元方事業者としての関係法令を記載。
this cover 東京は世界最悪の災害危険都市 - 日本の主要都市の自然災害リスク
水谷武司 東信堂
2018年01月 0 単行本 2200
概要:東京・大阪・横浜・名古屋・神戸・広島・高知・長崎・静岡ー日本の各都市に潜むリスク。自然災害を人災にしてはいけない!政府が目先の経済効率を優先し都市へ人・モノ・情報を一極集中させた結果、日本の各都市に様々なリスクが放置されたままでいる。早急な都市一極集中からの脱却および土地の制御や管理を通した災害リスクの低減の方略を唱える、緊急提言の一冊!
this cover 建設業イラストで見る災害事例と安全対策 - 繰り返し災害を防止せよ!
朝倉俊哉 労働調査会
2020年10月 0 単行本 880
this cover 7.4球磨川豪雨災害はなぜ起こったのか - ダムにこだわる国・県の無作為が住民の命を奪った
「7.4球磨川豪雨災害はなぜ起こったのか」編集委員会 花伝社
2021年06月 0 単行本 1320
概要:まやかしの「流域治水」にだまされるな!気候変動の時代、しなやかな川とのつきあい方を求めて。
this cover ダムと緑のダム 狂暴化する水災害に挑む流域マネジメント
虫明 功臣/太田 猛彦 日経BP
2019年12月 2 単行本 2200
概要:「異常気象はもはや異常ではない」気候変動で増える複合型水災害にダムと森林が手を組む!
this cover 災害で活躍する乗物たち - 漂流者や孤立者を救助したのはどんなヘリ?福島第一原
柿谷哲也 SBクリエイティブ
2011年10月 3 新書 1047
概要:2011年3月11日に発生した東日本大震災では、航空自衛隊、海上自衛隊、陸上自衛隊、海上保安庁、警察、消防、米軍、各国からの支援など、さまざまな組織が救助活動、災害対応を精力的に進めました。本書では、救助、復旧、調査などで活躍する乗物に注目し、くわしく解説していきます。
this cover 災害廃棄物管理ガイドブック - 平時からみんなで学び,備える
(一社)廃棄物資源循環学会 朝倉書店
2021年09月 0 単行本 3520
this cover 災害からの命の守り方 - 私が避難できたわけ
森松明希子 文芸社
2021年01月 0 単行本 1870
this cover 公共土木施設災害復旧の災害査定添付写真の撮り方平成26年改訂版
全日本建設技術協会 全日本建設技術協会
2014年06月 0 単行本 2343
this cover 激化する水災害から学ぶ
土屋十圀 鹿島出版会
2014年09月 0 単行本 2530
概要:新たな水災害の構造に目を向け、河川と治水の諸課題を整理し、広範な問題を社会に提起する。
this cover こんな事故・災害にも気をつけよう!
労働新聞社 労働新聞社
2019年06月 0 単行本 550
this cover 災害に強い電力ネットワーク - スマートグリッドの基礎知識
横山隆一 早稲田大学出版部
2011年11月 0 全集・双書 1034
概要:被災地の復旧困難、首都圏の計画停電、全国での節電努力など、大地震と原発事故によって世界に誇る日本の電力システムに何が起きたのか。再生可能エネルギーや地産地消型電力網への期待を現実にするために、不可欠の先端技術をやさしく紹介する。
this cover 災害・疾病事例と労災防止対策 - 元安全衛生行政マンが語る
後藤博俊 労働新聞社
2013年12月 0 単行本 1870
概要:本書は、半世紀近く現場を見続けた筆者が、実際に工場・事業場の中で発生している代表的な災害・疾病事例50例を紹介し、事例ごとに「災害発生のあらまし」「考えられる原因は?」「再発防止対策」をプロの視点から鋭く解説しています。一見危険を感じないようなありふれた場所でも労働災害は発生します。労災防止の実現のためにぜひ本書をご活用ください。
this cover 災害論 - 安全性工学への疑問
加藤尚武 世界思想社
2011年11月 5 全集・双書 1980
概要:原発存続vs.原発廃止ー国民的合意形成は可能か。「絶対安全」と言われたフクシマ原発事故の原因は、技術体系と責任制度のミスマッチにあった。技術の暴走はなぜ起こり、どうすれば止められるのか。原発事故の原因究明から復興の倫理まで、未来世代への責任という視点から原発問題を考える。
this cover 技術者に必要な地盤災害と対策の知識
正垣孝晴 鹿島出版会
2013年08月 2 単行本 2420
概要:工事に伴う地盤の破壊メカニズム、地震や降雨時の地盤の挙動、地盤災害と対策について、図を多用しながらわかりやすく解説。はじめて地盤災害のことを学ぶ人、災害対策に関連した仕事に携わる人のために、…「基礎的な知識が身につく」入門書。
this cover 世界が見た福島原発災害6 核の地獄を超えて
大沼安史 緑風出版
2017年09月 0 単行本 2200
概要:福島第一原発事故から6年、海外メディアが伝えるフクシマの核の地獄!ライブカメラが捉える建屋上空のミステリアスな「閃光」、漂う霧は何を意味しているのか?完全防護の原発作業従事者の年間被ばく限度と同じ被曝地域を次々と避難解除し、住民を丸裸で「強制帰還」させている政府の政策は、人々を死の危険に曝す非人道的な犯罪であると、海外メディアは告発する。そして沈黙しフェイク・ニュースを流す国内メディア…本書は、海外メディアが伝える「フクイチ」の恐るべき現実、日本のメディアが絶対に伝えない真実を明らかにする第6弾!
this cover 技術者のための災害復旧問答集
全日本建設技術協会 全日本建設技術協会
2013年09月 0 単行本 2640
this cover 災害とロボット - 大震災から見えてきたロボットのあり方
井上猛雄 オーム社
2012年04月 1 単行本 2530
this cover 新版 建設業の労働災害に伴う4大責任
建設労務安全研究会 労働調査会
2021年07月 0 単行本 1650
楽天ウェブサービスセンター
1 - 20 番目 目録更新: 2022.01.09(13:28)

先頭に戻る | 続きを表示  >>



[ 目録INDEX: 産業 ]

[fine] 図書目録