高齢化 経済” 関連の書籍を pick up してご案内しています。
書籍の価格や批評などの詳細情報は"Rakuten Books"のページでご覧頂けます。
(本の画像の部分をTouch/Click)

[ Page: 1 / 2 ]
cover 書名,副題
編・著者 出版社
発行日 reviews ISBN
this cover 東日本大震災と高齢化 - 宮城県沿岸部地域の経験
熊沢由美 同文舘出版
2018年04月 0 9784495442811
概要:東日本大震災の被害と、その後の地域間人口移動は、被災地の高齢化にどのような影響をもたらしたのか…。地域の振興や復興に資することを目的に、震災が高齢化に与えた影響について、その実態をより正確に、定量的に明らかにする!
this cover 無子高齢化 - 出生数ゼロの恐怖
前田正子 岩波書店
2018年11月 10 9784000022330
概要:現在約一・三億人の日本の人口は、二〇四〇年代に一億人を割るとされる。そしてその時日本は、六五歳以上の高齢者が四割を占める、超高齢国となるー。「少子化対策」が叫ばれながら、なぜ日本の出生率は下がり続けるのだろうか?そのカギは、バブル崩壊後の景気後退と雇用の劣化に翻弄された就職氷河期世代、団塊ジュニア・ポスト団塊ジュニアの未婚化にあった。若者の生活を犠牲にした社会は、その未来を自ら危機にさらしたのだ。一貫して少子化、子育てを研究してきた著者による「少子化対策失敗の歴史」と渾身の対抗策。自身が団塊ジュニア世代である常見陽平氏との対談を収録。
this cover 人口学への招待 - 少子・高齢化はどこまで解明されたか
河野稠果 中央公論新社
2007年08月 24 9784121019103
概要:二〇〇五年から始まった日本の人口減少。一〇〇年後には半減と予測されている。北・西ヨーロッパに端を発し、いまや世界人口の半分を覆った少子化は、なぜ進むのかー。急激な人口減少が社会問題化するなか、急速に脚光を浴びる人口学だが、戦前の国策に与したと見られ、近年まで疎んじられてきた。本書は、人口学の入門書として、人口の基礎的な考え方、理論、研究の最前線、少子化のメカニズムなどを平易に解説する。
this cover 日本の中小企業 - 少子高齢化時代の起業・経営・承継
関 満博 中央公論新社
2017年12月 6 9784121024688
概要:高度経済成長を支え、高い技術力を賞賛された日本の中小企業。だが、近年は急激な人口減少や中国・アジアとの競争などで、苦しい状況にある。既存の企業は後継者不足に悩み、起業の件数も激減している。一九八六年に約八七万あった製造業事業所は、この三〇年のうちにほぼ半減した。こうした状況に突破口はあるのかー。現場主義を貫く経営学者が、豊富な事例を通して、課題と今後の展望を論じる。
this cover 韓国の少子化と女性雇用 - 高齢化・男女格差社会に対応する人口・労働政策
裴海善 明石書店
2015年12月 0 9784750342849
this cover 日本人の勝算 - 人口減少×高齢化×資本主義
デービッド・アトキンソン 東洋経済新報社
2019年01月 114 9784492396469
概要:在日30年、日本を愛する伝説のアナリスト×外国人エコノミスト118人だから書けた!大変革時代の生存戦略。
this cover 第2通貨「シルバーマネー」が日本の危機を救う - 少子高齢化、社会保障問題の処方箋がここにある!
山口 克也 現代書林
2019年01月 0 9784774517667
概要:日本の地方に将来建設されるべき高齢者地域(シルバーマネー地域)においては、強制通用力をもったシルバーマネーが流通し、それが高齢者の相互扶助活動を活性化して、日本の年金、介護、医療問題を解決、引いては少子高齢化を解消します。シルバーマネーで現在よりもより多くの年金を受け取った高齢者は、農業、芸術、スポーツ活動などを楽しむことが出来ます。この時代に日本に住む人たちの苦しみを軽減し、喜びを倍加させるツール、それがシルバーマネーなのです。
this cover 韓国の少子高齢化と格差社会 - 日韓比較の視座から
春木育美/薛東勲 慶應義塾大学出版会
2011年11月 0 9784766418897
概要:韓国社会が直面する3つの課題。少子高齢化、経済格差の深化、移民の増大による多民族・多文化社会への変貌。韓国は、先進国へと飛躍する一方で、新たな社会問題に直面している。日韓の研究者による現状分析と問題提起が、共通の課題を持つ日本に重要な示唆を与える。
this cover 人口減少・高齢化と生活環境新装版 - 山間地域とソーシャル・キャピタルの事例に学ぶ
堤研二 九州大学出版会
2015年09月 0 9784798501666
概要:日本各地の山間地域の実地調査により過疎地域の状況と地域の生活機能が衰退していく過程を分析するとともに、大都市近郊でも確実に進行している人口減少・高齢化の問題を検討する。そしてこれら諸問題の解決の糸口としての「ソーシャル・キャピタル」の可能性を考察する。
this cover 福祉国家と地域と高齢化
渋谷博史/櫻井潤 学文社
2009年12月 0 9784762020087
this cover 日本の百貨店史 - 地方女子店員高齢化
谷内 正往/加藤 諭 日本経済評論社
2018年10月 0 9784818825024
概要:戦前日本で唯一の大型小売店だった百貨店は、社会においてどんな存在であったのか。「地方」「企業破綻」「女子店員」「高齢者」という現代にも通じる視点から、新たな百貨店史を描き出す。
this cover 社会保障制度の高齢化への挑戦 - 世代間の連帯契約で新たな制度を構築する
アンヌ=マリー・ギルマール/藤森 宮子 ミネルヴァ書房
2019年02月 0 9784623084920
概要:高齢化が進む中、中高年が職場から離れないから若い世代が座る席がない、とされ、多くの国で早期退職制度が導入されてきた。しかし実際に雇用率が増加し、退職者の年金の増加分を上回る税収は得られたのか。本書では、各国の早期退職制度を詳細に比較し、目的とされた効果をあげているか分析した。その上で社会保障制度が効果的な対策を行って来たかを検証し、新たに世代間契約という概念の、多元的な社会保障制度を提案する。
this cover 農村地域における諸活動と住民流動の評価と展望 - 高齢化・人口減少時代のなかで
能美誠 農林統計出版
2017年12月 0 9784897323749
this cover 首都圏の高齢化
井上孝/渡辺真知子 原書房
2014年03月 1 9784562091942
this cover 2050老人大国の現実 - 超高齢化・人口減少社会での社会システムデザインを考
小笠原泰/渡辺智之 東洋経済新報社
2012年10月 5 9784492395745
概要:2025年には団塊の世代が後期高齢期に入り終える。2050年には団塊ジュニアの世代が後期高齢期に入り終える。このままでは、その時、実質GDPは現在より4割落ち込み、国税収入のほとんどを貧しい高齢者の生活保護で使い切る。国家の役割を限定し、国が提供するサービス、国家と個人の関係を見直さなければ、社会保障制度の破たんは避けられない。そのような大改革を、国民は英断しなければならない。
this cover 車社会も超高齢化 - 心理学で解く近未来
所正文 学文社
2012年05月 0 9784762022890
概要:21世紀社会を読み解く鍵は、英国交通の心“Give Way”と「江戸しぐさ」にあるー心理学で解く近未来。
this cover 少子化・高齢化ビジネス白書(2018年版)
藤田英夫 日本ビジネス開発
2018年01月 0 9784908813115
this cover 日本の高齢化問題の実相 - エビデンスに基づく思考で未来を変える
府川哲夫 日本評論社
2020年07月 0 9784535587519
概要:エビデンスに基づいた政策決定(EBPM)で大多数の国民の支持を得れば、日本の高齢社会の「未来図」は変わる。われわれは日本をどんな国にしたいのか?弱者に手を差し伸べる国、将来に対する投資を怠らない国、新しい社会連帯をめざす国、子育て支援を強力に進める国、60歳代を活用する国、所得格差の小さい国…など。
this cover 21世紀、日本は何処へいく - 少子高齢化の闇を超えて
今村金弥 文芸社
2016年11月 0 9784286177557
this cover 企業経営の社会性研究 - 社会貢献・地球環境・高齢化・国際化への対応
丹下 博文 中央経済社
2020年04月 0 9784502346811
概要:企業の社会的責任(CSR)に代わる「企業経営の社会性」という新概念を提唱。“「企業経営研究」三部作”第一弾の最新改訂版。
楽天ウェブサービスセンター
1 - 20 番目 目録更新: 2021.07.01(20:40)

先頭に戻る | 続きを表示  >>



[ 目録INDEX: 経済 ]

[fine] 図書目録