経済成長” 関連の書籍を pick up してご案内しています。
書籍の価格や批評などの詳細情報は"Rakuten Books"のページでご覧頂けます。
(本の画像の部分をTouch/Click)

[ Page: 1 / 3 ]
cover 書名,副題
編・著者 出版社
発行日 reviews ISBN
this cover 経済成長という病ー退化に生きる、我ら
平川 克美 講談社
2009年04月 34 9784062879927
概要:金融危機は何を意味するのか?経済は成長し続けなければならないのか?なぜ専門家ほど事態を見誤ったのか?何が商の倫理を蒸発させたのか?ビジネスの現場と思想を往還しながら私たちの思考に取り憑いた病と真摯に向き合う。
this cover 経験なき経済危機 - 日本はこの試練を成長への転機になしうるか?
野口 悠紀雄 ダイヤモンド社
2020年10月 4 9784478111994
概要:“雇用をいつまで支えられるか”“巨額の財政支出を国債で賄ってよいか”“迷走した政府の対応”“高齢者を犠牲にする「悪魔のシナリオ」”“サプライチェーンは分断されたか”“ニューノーマルに日本復活のカギがある”新しい政治、経済、ライフスタイルが始まっているー。
this cover 移民の経済学 - 雇用、経済成長から治安まで、日本は変わるか
友原 章典 中央公論新社
2020年01月 11 9784121025753
概要:すでに250万人の「移民」が暮らす日本。2018年末に入管法を改正し、さらなる外国人労働者の受け入れ拡大に舵を切った。移民が増えると、私たちの生活にどのような影響があるのか。本書は、雇用や賃金、経済成長や物価、貿易、税と社会保障、さらに科学技術、治安・文化に至るまで、主要な論点を網羅。経済学の研究成果をもとに分析することで、感情的な議論を超え、移民がもたらす「損」と「得」を明らかにする。
this cover 移行期的混乱 - 経済成長神話の終わり
平川克美 筑摩書房
2013年01月 17 9784480430250
概要:「問題なのは成長戦略がないことではない。成長しなくてもやっていけるための戦略がないことが問題なのだ」-人口が減少し、超高齢化が進み、経済活動が停滞する社会で、未来に向けてどんなビジョンが語れるのだろうか?「見えているはずなのに見えていなかったもの」に目を凝らし、網野善彦、吉本隆明、小関智弘、エマニュエル・トッドらを援用しつつ説く、歴史の転換点を生き抜く画期的知見。
this cover ポール・ローマーと経済成長の謎
デヴィッド・ウォルシュ(David Warsh)/小坂 恵理 日経BP
2020年01月 1 9784822288716
概要:経済は知識で成長する!この「発見」で2018年ノーベル経済学賞に輝いたポール・ローマー。IT革命を予見したローマー・モデルは、いかに経済学を変えたか?アダム・スミス『国富論』の“ピン工場の謎”から始まる、ソロー、ルーカス、クルーグマンらと織りなす「ストーリーで学ぶ経済学史」。宇沢弘文も登場!
this cover アウンサンスーチー政権下のミャンマー経済 - 最後のフロンティアの成長戦略
工藤 年博/大木 博巳 文眞堂
2020年03月 0 9784830950612
概要:2016年、アウンサンスーチー政権の誕生で世界の注目を集めたミャンマー。現在、民主化のユーフォリアは終わり、経済は踊り場を迎えている。経済活性化のための取り組みは何か。これまでの経済政策を検証し、ミャンマー経済が再び成長を加速するには、インフラ整備や人材育成、法制度の確立など「第二段階の改革」が必要と提言する。
this cover 人口と日本経済 - 長寿、イノベーション、経済成長
吉川洋 中央公論新社
2016年08月 71 9784121023889
概要:人口減少が進み、働き手が減っていく日本。財政赤字は拡大の一途をたどり、地方は「消滅」の危機にある。もはや衰退は不可避ではないかー。そんな思い込みに対し、長く人口問題と格闘してきた経済学は「否」と答える。経済成長の鍵を握るのはイノベーションであり、日本が世界有数の長寿国であることこそチャンスなのだ。日本に蔓延する「人口減少ペシミズム(悲観論)」を排し、日本経済の本当の課題に迫る。
this cover ジョーンズ マクロ経済学(1(長期成長編))
チャールズ・アーヴィング・ジョーンズ/宮川努 東洋経済新報社
2011年05月 1 9784492314104
概要:マクロ経済学の狙いとマクロ経済学データの見方を解説した後で、長期の経済成長論を展開。この経済成長論を中心として長期の経済動向を考えるテキストとしてまとめられている。
this cover 中国経済入門[第4版] - 高度成長の終焉と安定成長への途
南 亮進/牧野文夫 日本評論社
2016年12月 2 9784535558663
this cover ドル防衛と日米関係 - 高度成長期日本の経済外交 1959〜1969年
高橋 和宏 千倉書房
2018年08月 0 9784805111413
概要:貿易自由化・ベトナム戦争・沖縄返還をめぐってせめぎ合う日本と米国。米国主導の国際経済秩序が動揺するなか、「経済大国化」する日本はいかに対応したのか。
this cover 経済成長という呪い - 欲望と進歩の人類史
ダニエル・コーエン/林 昌宏 東洋経済新報社
2017年08月 6 9784492315026
概要:私たちは無限の欲望という「呪い」から逃れられるのか。経済成長なき産業革命の時代でも進歩はありうるのか。人類史という壮大なアプローチから、“閉じてゆく”21世紀世界を読み解く。
this cover 日本の国際協力 アジア編 - 経済成長から「持続可能な社会」の実現へ
重田 康博/太田 和宏 ミネルヴァ書房
2021年06月 0 9784623091911
概要:国際協調主義を掲げた戦後日本は、政府開発援助(ODA)を通して世界の発展途上国とどのように関わってきたのか。各国の経済発展や福祉向上のために、試行錯誤や批判も浴びながら、いかなる援助を行ってきたのか。本書では、アジア諸国へのODAの全貌を、その形成と展開、現状と事例、課題と展望から解明し、21世紀の日本の国際協力の課題を考えるための基礎的判断材料と論点を提供する。
this cover 日本経済低成長からの脱却 - 縮み続けた平成を超えて
松元崇 NTT出版
2019年03月 1 9784757123793
概要:主要先進国の中で最低となっている日本の成長率。その原因は少子化で、これからは低成長でいくしかないという議論があるが、それは違う。選択と集中の時代になった今日、日本企業が成長のための投資を行うようにするにはどうしたらいいか?-アベノミクスの旗振り役として活躍した前・内閣府事務次官が提案する、日本経済復活の処方箋。
this cover アメリカ経済 成長の終焉 上
ロバート・J・ゴードン/高遠 裕子 日経BP
2018年07月 0 9784822255763
概要:独立戦争後から始まるアメリカ国民の生活水準の劇的な変化をイノベーションの観点からダイナミックに描いた記念碑的労作。上巻は1870年から1940年まで。
this cover 動学マクロ経済学 - 成長理論の発展
二神孝一 日本評論社
2012年05月 1 9784535556737
概要:経済成長プロセスで、どのような政策が人々を幸せにできるのだろうか?知的所有権の保護、課税政策、公共部門の役割を明らかにする。
this cover ラテンアメリカ経済成長と広がる貧困格差
丸谷雄一郎 創成社
2009年03月 3 9784794450326
概要:広大な土地に、豊富な天然資源…秘めた可能性を、解き放つ!新興市場として注目を集める要因とは何か。
this cover 幻想の経済成長
デイヴィッド・ピリング/仲 達志 早川書房
2019年03月 4 9784152098450
概要:「GDP」(国内総生産)を拡大し続ければ、私たちは本当に幸せになれるのか?「フィナンシャル・タイムズ」の元東京支局長が、こんな疑問を胸に世界5大陸で取材を敢行。至れり尽くせりの日本の新幹線から金融危機の後遺症に苦しむアイスランド、大気汚染と闘う中国から統計には表れないケニアの元気な非公式経済まで、各国で見聞きした豊富な事例をもとに「成長至上主義」の限界を明かし、そこから脱却するための道筋を示す。序文「日本の読者へ」を特別収録。
this cover 低成長時代の経済学 - 20年を振り返って
久留米大学 九州大学出版会
2015年06月 0 9784798501628
this cover 中国 経済成長の罠 - 金融危機とバランスシート不況
関 辰一 日本経済新聞出版社
2018年05月 2 9784532357672
概要:不良債権は公式統計の10倍、企業債務は8年で4倍に急増ー日本のバブル崩壊と同じ道をたどるのか?気鋭の研究者が、独自のデータ分析を基に、中国経済に潜む脆弱性を明らかにする。
this cover 経済成長と所得分配
池田毅 日本経済評論社
2006年02月 0 9784818818200
概要:マクロ経済分析の一系譜としてのポスト・ケインジアンの経済成長と所得分配の理論を掘り起こし、現代の主流派経済学のオルタナティブへの可能性を探る。
楽天ウェブサービスセンター
1 - 20 番目 目録更新: 2021.07.01(20:36)

先頭に戻る | 続きを表示  >>



[ 目録INDEX: 経済 ]

[fine] 図書目録