生産性 経済” 関連の単行本を pick up してご案内しています。
書籍の価格や批評などの詳細情報は Rakuten Books のページでご覧頂けます。
(本の画像の部分をTouch/Click)

[ Page: 1 / 4 ]
cover 書名,副題
編・著者 出版社
発行日 reviews ISBN
this cover 生産性 - マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
伊賀 泰代 ダイヤモンド社
2016年11月 208 9784478101575
概要:「成長するとは、生産性が上がること」元マッキンゼーの人材育成マネジャーが明かす生産性の上げ方。『採用基準』から4年。いま「働き方改革」で最も重視すべきものを問う。
this cover 人事コンサルタントが教える生産性アップにつながる「50」の具体策
岩下 広文 中央経済社
2018年11月 0 9784502289514
概要:生産性向上に向けた企業の取り組みを「業務の改善/改革」と「人材マネジメントの改革」に切り分けたうえで、「人材マネジメント改革」を通じた生産性向上アプローチについて解説します。本書の前半では、「人」の側面からどのように生産性向上への取り組みを行っていくかについて、理論的・体系的な方法論を紹介します。また後半では、人材マネジメント関連の生産性向上施策について、よくある施策だけでなくエッジの効いた施策も含め「50」の具体策を紹介します。
this cover 一橋ビジネスレビュー 2021年SPR.68巻4号 - 働き方改革の本質ーー「脱低生産性・低賃金国家」をめざして
一橋大学イノベーション研究センター 東洋経済新報社
2021年03月 0 9784492820926
this cover 日本再生は、生産性向上しかない!
デービッド・アトキンソン 飛鳥新社
2017年06月 7 9784864105484
概要:二階俊博自民党幹事長、エイドリアン・ゼッカー氏(アマンリゾーツ創業者)との対論も収録!決めたことを実行できない、他人の時間を盗む、ことなかれ主義、論理的思考が苦手、クレームに弱い…企業経営と政策提案の現場で得た「日本病」克服策。
this cover トヨタ流「5S」最強のルール - 生産性”劇的向上“ノウハウを2時間のストーリーで学
原マサヒコ 大和書房
2018年03月 6 9784479796374
概要:数々の修羅場を潜り抜けてきた才女、エリカ、クールな美貌とキレッキレの頭脳だが、口が悪くて気が短く、根っからの“ドS”。そんな彼女が、売り上げの落ちてしまった東京のある書店を舞台に、ドSっぷりを発揮しながら5Sを現場へ叩き込み、書店を立て直していく…
this cover トヨタの現場力 生産性を上げる組織マネジメント
(株)OJTソリューションズ KADOKAWA
2017年11月 4 9784046019608
概要:「理論やデータだけでは『現実の組織』は動かない」組織の成長を「しくみ化」するトヨタの実践手法。概念ではなく現場での実践のために必要な取り組みのステップを、順を追って記載。よくある落とし穴や企業の現場での実例も豊富に織り込んだ。
this cover 生産性マネジャーの教科書
河村庸子/本間正人 クロスメディア・パブリッシング
2017年09月 1 9784295401247
概要:部下を伸ばす「デキる上司」の新常識!ホワイトカラーの生産性向上を実現する「生産性マネジャー」
this cover オフィスの生産性革命!電子認証ペーパーレス入門
横山公一/久野康成 TCG出版
2018年10月 5 9784883386482
概要:正しいペーパーレス化が他社に差をつける!印紙税が不要に。内部統制が強化される。作業効率が格段に向上。「書類のPDF化」を、「法令準拠」と「データのデジタル化」と併せて行うことでこそ、真のペーパーレス化が実現可能なのです。
this cover 生産性向上はこうする
平石 奎太 幻冬舎
2020年06月 0 9784344928770
概要:規模や業種を問わず、多方面にわたった事例を紹介。経営コンサルタントとして数々の事業を再建してきた著者による真の生産性向上を遂げ、経営改善を成功させるための手引書。
this cover チームの生産性を高める実践パワーファシリテーション
楠本和矢 すばる舎
2019年02月 8 9784799107577
概要:“5つの議論モジュール”を使い、会議をデザイン。“4本のアンテナ”で問いを立て、議論をリード。現場の中で磨き抜かれたムダのない至極のスキルを集約。ホンネ重視のファシリテーター以外も使える実践的手法を伝授。
this cover 実践 現場の能力管理 - 生産性が向上する人材育成マネジメント
森 和夫 日科技連出版社
2020年08月 0 9784817197191
概要:飛躍的な生産性向上を可能にする人材育成マネジメント手法「能力管理」を習得できる一冊!組織の維持・発展には、組織のもつ優れた技術・技能を他者に伝えることが欠かせません。組織が生み出す製品・サービスの品質を担保するのは、最終的には一人ひとりの技術・技能だからです。能力管理は、「保有する技能・技術を効果的な能力開発につなげることで、結果として個々人が能力を発揮できるような環境を整える」マネジメント手法です。かつては「誰に能力を管理する権限があるのだ?」と誤解され、ようやく使えるようになったのはつい最近のことです。本書は、体系化されたマネジメント手法としての能力管理を具体的な事例をもとに解説しており、すぐに現場(会社)で役立てることができます。
this cover 生産性向上だけを考えれば日本経済は大復活する - シンギュラリティの時代へ
三橋貴明 彩図社
2017年06月 2 9784801302273
概要:大逆転の経済論。
this cover 「競争力×稼ぐ力」を強くする生産性革命 - 日本企業が「グローバル」「ローカル」で勝つために大
冨山和彦/木村尚敬 生産性出版
2019年05月 0 9784820120933
概要:生産性を高め、付加価値を創出する経営を目指せ。
this cover 会社では教えてもらえない 生産性が高い人の思考整理のキホン
井上龍司 すばる舎
2017年06月 10 9784799106143
概要:頭の中がぐちゃぐちゃ、仕事が進まない、アイデアが浮かばない…問題解決の超プロが生み出した38の実践テクニック!
this cover 生産性2倍の整理術
「THE21」編集部 PHP研究所
2019年06月 3 9784569843230
概要:ミスが激減する!仕事が速くなる!最強の「片づけ術」モノを捨てると心も晴れる!
this cover 所得拡大促進税制の手引き〔三訂版〕 - 賃上げ・生産性向上のための税制も含めて
安井 和彦 税務経理協会
2018年12月 0 9784419065973
概要:抜本的な見直しのあった平成30年度改正を反映。設備投資要件、教育訓練費による上乗せ措置の内容を追加。新制度、旧制度の両方が適用したい時期ごとにわかる好評書の三訂版。
this cover チームの生産性をあげる。 - 業務改善士が教える68の具体策
沢渡 あまね ダイヤモンド社
2017年07月 13 9784478102534
概要:問題を引き起こす「隠れ業務」をあぶりだす。「定常業務」の割合を把握して減らす。3大「ネガティブワード」からムダを発見。形容詞・副詞が出てきたら「数字」に変換。仕事を遅らせる「4つの時間」をなくす。イヤな仕事こそ「標準化」して仕組みで回す。横入りを可視化する「インシデント管理簿」。共有化を進める「インシデント会議」。3段階で「やめる」基準を決める…効率化×プロセス改善で生産性向上を実現!仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップ。
this cover 5つの選択 - 卓越した生産性を実現する
コリー・コーゴン/アダム・メリル FCEパブリッシング(キングベアー出版)
2015年11月 0 9784863940499
概要:『7つの習慣』を補完する生産性向上の書。卓越した成果を上げる5つの選択。
this cover 「生産性」をあげる技術
石田淳 宝島社
2017年07月 4 9784800273291
概要:最小限の労力で最大限の成果を出す!「行動科学」に基づいた、これからの働き方の教科書。部下からの信頼/上司からの評価/平日の楽しみ/仕事の充実感が手に入る。
this cover 6時だよ 全員退社! - 生産性を上げる黄金ルール
田中 健彦 日本経済新聞出版社
2017年08月 3 9784532321543
概要:経営トップとマネジャーが本気で取り組めば、必ず職場は変わり、社員は「自ら考えて効率化する」強い集団になることができる。国内と海外で、ヒラから社長までのすべての役職を経験、日本・欧米双方の働き方の違いをつぶさに見てきた著者が、無駄を徹底してなくし、効率を高め、価値ある仕事を生み出す「働き方改革」の考え方・進め方を解説。
楽天ウェブサービスセンター
1 - 20 番目 目録更新: 2021.04.13(14:57)

先頭に戻る | 続きを表示  >>



生産性低下の克服が日本の課題

日本の時間当たりの労働生産性(2016年)は、OECD加盟35ヵ国中で20位だった。G7の中での日本の順位は1970年以降ではずっと最下位だ。ヘルスケア・社会支援や宿泊・飲食を含む日本の個人サービス業の生産性は、G7の中では特に低い。高齢化や財政難によってサービスの生産性の低さに拍車がかかっている。 日本の製造業の生産性は、G7では第3位だが、ドイツや北欧諸国に比べて非価格競争力があるとはいえない。このことは人件費の安い新興国との価格競争に巻き込まれやすいことを暗示する。 日本では専門性が求められる職業の割合が低く、低賃金の短時間就業者の割合が比較的高い。フルタイムとパートタイムとの賃金格差は欧州諸国と比べて大きい。 今後高齢化が進むと、企業内の人員構成は50歳以上の割合が高まると予測される。高齢になるほど低賃金の非正規雇用の割合も高まるのが実態。このことは日本が生産性を高めていく上で大きな課題になる。 日本には生産性の上昇を牽引する産業セクターが見当たらない。日本が低生産性の構造を克服するためには、非価格競争力を高めて、さらに突出した生産性を目指すことが課題になる。
[ASCII.jp, 2018.9.19 の記事より]

[用語の意味を調べる時は“コトバンク”で]

[ 目録INDEX: 経済 ]

[fine] 図書目録