賃金 経営” 関連の単行本を pick up してご案内しています。
書籍の価格や批評などの詳細情報は Rakuten Books のページでご覧頂けます。
(本の画像の部分をTouch/Click)

[ Page: 1 / 3 ]
cover 書名,副題
編・著者 出版社
発行日 reviews ISBN
this cover 同一労働同一賃金で、給料の上がる人・下がる人 - あなたの収入はどうなるか?
山口 俊一 中央経済社
2017年11月 1 9784502246913
概要:バブル崩壊以降、企業の人事・賃金システムは日本型成果主義システムが導入され大きく変わったかに見えましたが、若手より中高年、女性より男性、独身者より家族持ち、非正規社員より正社員と、根本のところではこれまでと変わりありませんでした。しかし、政府が働き方改革の目玉として進める「同一労働同一賃金」により、日本企業の人事・賃金システムが大きく変わろうとしています。本書では、著者の長年にわたる人事コンサルタントとしての知識・経験を踏まえ、同一労働同一賃金によって企業の人事・賃金システムはどのように変わるのか、正社員、非正規社員(派遣社員、パート・アルバイト)など、雇用形態による待遇にどのような変化が起こるかについて考察します。
this cover 職能給の再構築と日本型成果主義賃金の実践テキスト
斉藤清一 中央経済社
2016年06月 1 9784502192814
概要:1億総活躍社会に向けて新たに賃金制度を構築する!70歳までの雇用を見据えた、賃金制度の設計・導入・運用の仕方を平易に解説。
this cover 2020年4月スタート!同一労働同一賃金ガイドラインに沿った待遇と賃金制度の作り方
株式会社 プライムコンサルタント 代表 菊谷 寛之 第一法規
2019年05月 0 9784474066755
概要:『同一労働同一賃金ガイドライン案に沿った待遇基準・賃金制度の作り方』を確定した同一労働同一賃金ガイドライン(2018年12月)により大幅改訂!2020年4月1日に適用となる同一労働同一賃金ガイドラインを同時期施行のパートタイム・有期雇用労働法との関連も踏まえて解説!ガイドラインの趣旨に沿った待遇と賃金制度の作り方を最新の統計・豊富な図表を用いて解説!正社員・非正社員の統合人事制度を導入した企業事例も掲載!
this cover 賃金・手当・賞与・退職金
労務行政研究所 労務行政
2019年05月 0 9784845292912
概要:「実務Q&Aシリーズ」は、弁護士など第一線の専門家が人事管理に関するテーマに対して、最新の労働関係法令や労働判例の動向を踏まえてQ&A形式で分かりやすく解説するシリーズです。設問は、実務において問題になりやすいもの、間違えやすいもの、判断に迷うものを中心に基礎的なものから実務的なものまでを体系的に収録しました。人事の初任者が基本的な知識を学ぶだけでなく、ベテランの方にも知識を確かめられる、実務に直結した解説書に仕上げています。
this cover 人事・賃金コンサルティング入門 - コンサルタントになるための必須知識
河合克彦 日本法令
2014年08月 1 9784539723807
概要:長年経験を積んできた著者が自身のノウハウを余すことなく伝授!人事理論からコンサルティングの進め方(予備診断、人事制度再構築、説明会、研修、運用指導の手法等)までを具体的に解説!
this cover 役割貢献の評価と賃金・賞与の決め方 - 同一労働同一賃金完全対応!
菊谷寛之 労働調査会
2019年11月 0 9784863196568
概要:「顧客価値創出」への組織転換。人材確保、雇用形態を超えた公平な処遇、70歳雇用時代…“今”の課題対応をひっくるめた、令和新時代の人事・賃金設計の教科書。
this cover 改訂版 サッと作れる小規模企業の賃金制度
三村正夫 産労総合研究所出版部経営書院
2019年06月 0 9784863262829
概要:従業員10人未満の社長は必読!働き方改革関連法対応版。
this cover 中小企業の「人事・賃金制度」はじめに読む本
堀之内克彦 すばる舎
2016年12月 2 9784799105825
概要:さまざまな制度を比較して検討可能。離職を防いで、人手不足の解消につながる。無理のない導入法まできっちり解説etc…現在の制度を見直す際、注意すべきポイントがひと目でわかる!
this cover 企業経営を誤らない、「同一労働同一賃金」の具体的な進め方
二宮孝 労働調査会
2020年12月 0 9784863198029
概要:現実的な実務に沿った人事マネジメントで仕事基準の賃金制度へ!職務(役割)評価・3つの事例・Q&Aで今やるべきことが見えてくる。2020年同一労働同一賃金最高裁判決も解説!!
this cover 同一労働同一賃金の基本給の設計例と諸手当への対応
佐藤 純 日本生産性本部
2019年05月 0 9784883725465
this cover 賃金制度の作り方スターターキット - 解説テキスト
賃金管理研究所 日本経営合理化協会出版局
2015年01月 0 9784891013578
概要:6500社が導入した実務経験にもとづく内容。手順にしたがうだけで「賃金表」「賃金制度」が作成できる。“テキスト+CD音声教材”でわかりやすく解説。制度作成に必要な“フォーマット付”。“無料個別面談”“フォロー講座”で制度作成を徹底フォロー。
this cover 小さな会社のための こぢんまり人事・賃金制度のつくり方
日本法令
2017年02月 0 9784539725283
概要:「社員数10人でもちゃんとした人事制度をつくりたい」中小企業向けに簡単な仕組みで容易に構築・運用できる人事制度を提案!アレンジしてすぐ使える人事制度諸規程サンプルを掲載!
this cover 中小企業の「人事評価・賃金制度」つくり方・見直し方 - 人が育って定着する
大津 章敬 日本実業出版社
2016年08月 0 9784534054180
概要:御社の人事評価・賃金制度は「この会社で長く頑張っても大丈夫だ」と社員に思ってもらえる内容になっているでしょうか?「求人を出せばヒトが集まる時代」は終わり、今後は出口の見えない「人材難の時代」になるのは確実。本書で紹介した10ステップをしっかり押さえて、会社と社員を成長させる「人事制度」をつくりましょう!
this cover 新版 賃金を変える!!
高橋 宏 日本法令
2018年07月 0 9784539726075
概要:年功による処遇体系から、職務と成果を反映した賃金制度へ。実践的中小企業の賃金改革物語。
this cover 賃金・人事処遇制度の史的展開と公正性
幸田浩文 学文社
2013年12月 0 9784762024146
this cover 賃金表の作り方改訂新版(第10 - 職能給・職責給・役割給
楠田丘 産労総合研究所出版部経営書院
2006年07月 1 9784879139627
this cover 同一労働同一賃金の基本と実務
石嵜 信憲/石嵜 裕美子 中央経済社
2021年04月 0 9784502384110
概要:本書は、令和2年2月に発刊した第1版の内容に加え、新たに第1部として、令和2年10月の「最高裁5判決」(大阪医科薬科大学事件、メトロコマース事件、日本郵便3事件“東京・大阪・佐賀”)の分析と企業実務への影響を詳しく解説するものです。それぞれの事案の1審判決・控訴審判決の概要、最高裁における審理の対象及び判決の内容をまとめ、最高裁判決を踏まえた実務対応について、雇用形態や労働条件(給付)別に検討しています。第2部〜第5部は、第1版を踏襲しつつも、最高裁5判決や第1版出版以降の下級審判決を加筆。部分的には全面的に改訂を行っております。巻末の各種資料についても裁判例の比較ほか大幅に充実したものとなっています。
this cover 小さな会社の〈人を育てる〉賃金制度のつくり方 - 「やる気のある社員」が辞めない給与・賞与の決め方・変え方
山元浩二 日本実業出版社
2019年02月 2 9784534056658
概要:30代前後の社員のやる気が上がる。「えんぴつなめなめ社長が決める」を解消!働き方改革、生産性向上、同一労働同一賃金を実現!人事評価制度の超プロが実際に使っている導入ノウハウを公開!このとおりにやれば移行できる!
this cover 在宅勤務や賃金・雇用調整と助成金活用Q&A
布施 直春 産労総合研究所出版部経営書院
2020年06月 0 9784863262966
this cover 決定版! シンプル賃金制度のつくり方
菊谷 寛之 日本法令
2014年11月 0 9784539723920
概要:一本の「通し賃金表」を使ったシンプルな賃金制度で働く人の内発的動機を引き出す!企業規模、業種・職種の違いを超えた幅広い導入事例が続々!組織の内部成長につなげる新しい報酬制度のエッセンスを詳解!
楽天ウェブサービスセンター
1 - 20 番目 目録更新: 2021.04.13(14:56)

先頭に戻る | 続きを表示  >>



業績好調企業でも増える人員整理

近年では、業績好調にもかかわらず希望退職や早期退職者を募る有名企業が目立ってきた。その多くが45歳以上の社員を対象としている。50~55歳になるバブル期入社組は他の世代に比べて社員数が多い。中高年齢者を削ることで社員の平均年齢が下がり、社員構成を適正化できる。さらに、年功序列型から職務能力を重視した賃金制度への移行に伴う人員整理も行われている。高齢者雇用安定法の改正への対応も、中高年の人員整理に影響しているとみられる。65歳までの雇用の義務化が予定されており、70歳までの就業支援は努力義務となった。特に60歳以上の人員の解雇は難しくなる。そのため、企業の人件費の負担は増しやすくなる。
[BUSINESS INSIDER, 2019.11.11 の記事より]

[用語の意味を調べる時は“コトバンク”で]

[ 目録INDEX: 経済 ]

[fine] 図書目録