賃金 経営” 関連の単行本を pick up してご案内しています。
書籍の価格や批評などの詳細情報は"Rakuten Books"のページでご覧頂けます。
(本の画像の部分をTouch/Click)

[ Page: 1 / 3 ]
cover 書名,副題
編・著者 出版社
発行日 reviews ISBN
this cover 企業経営を誤らない、「同一労働同一賃金」の具体的な進め方
二宮孝 労働調査会
2020年12月 0 9784863198029
概要:現実的な実務に沿った人事マネジメントで仕事基準の賃金制度へ!職務(役割)評価・3つの事例・Q&Aで今やるべきことが見えてくる。2020年同一労働同一賃金最高裁判決も解説!!
this cover 職能給の再構築と日本型成果主義賃金の実践テキスト
斉藤清一 中央経済社
2016年06月 1 9784502192814
概要:1億総活躍社会に向けて新たに賃金制度を構築する!70歳までの雇用を見据えた、賃金制度の設計・導入・運用の仕方を平易に解説。
this cover 働き方改革実現のための企業労務の重要ポイント - 労働時間管理・ハラスメント・同一労働同一賃金
東京弁護士会弁護士研修センター運営委員会 ぎょうせい
2020年11月 0 9784324108314
this cover 同一労働同一賃金 パート・有期契約社員への合理的根拠を有した待遇差説明の実務
高井・岡芹法律事務所 日本加除出版
2021年06月 0 9784817847355
概要:人事労務に携わる実務家、企業担当者必携!待遇差説明の実務書。賃金・手当・休暇等の待遇差について「具体的にどのように、どこまで説明すればよいのか」項目ごとに紹介。法令・裁判例・ガイドラインをもとに使用者側が押さえるべき理論構成のポイントを丁寧に解説!
this cover 賃金・人事処遇制度の史的展開と公正性
幸田浩文 学文社
2013年12月 0 9784762024146
this cover 同一労働同一賃金の基本と実務
石嵜 信憲/石嵜 裕美子 中央経済社
2021年04月 0 9784502384110
概要:本書は、令和2年2月に発刊した第1版の内容に加え、新たに第1部として、令和2年10月の「最高裁5判決」(大阪医科薬科大学事件、メトロコマース事件、日本郵便3事件“東京・大阪・佐賀”)の分析と企業実務への影響を詳しく解説するものです。それぞれの事案の1審判決・控訴審判決の概要、最高裁における審理の対象及び判決の内容をまとめ、最高裁判決を踏まえた実務対応について、雇用形態や労働条件(給付)別に検討しています。第2部〜第5部は、第1版を踏襲しつつも、最高裁5判決や第1版出版以降の下級審判決を加筆。部分的には全面的に改訂を行っております。巻末の各種資料についても裁判例の比較ほか大幅に充実したものとなっています。
this cover 2020年4月スタート!同一労働同一賃金ガイドラインに沿った待遇と賃金制度の作り方
株式会社 プライムコンサルタント 代表 菊谷 寛之 第一法規
2019年05月 0 9784474066755
概要:『同一労働同一賃金ガイドライン案に沿った待遇基準・賃金制度の作り方』を確定した同一労働同一賃金ガイドライン(2018年12月)により大幅改訂!2020年4月1日に適用となる同一労働同一賃金ガイドラインを同時期施行のパートタイム・有期雇用労働法との関連も踏まえて解説!ガイドラインの趣旨に沿った待遇と賃金制度の作り方を最新の統計・豊富な図表を用いて解説!正社員・非正社員の統合人事制度を導入した企業事例も掲載!
this cover Excelでできる統計データ分析の仕方と人事・賃金・評価への活かし方
深瀬勝範 日本法令
2014年07月 0 9784539723746
this cover 最新同一労働同一賃金27の実務ポイント - 令和3年4月完全施行対応
別城信太郎/山浦美紀 新日本法規出版
2021年03月 0 9784788288324
this cover 小さな会社のための こぢんまり人事・賃金制度のつくり方
日本法令
2017年02月 0 9784539725283
概要:「社員数10人でもちゃんとした人事制度をつくりたい」中小企業向けに簡単な仕組みで容易に構築・運用できる人事制度を提案!アレンジしてすぐ使える人事制度諸規程サンプルを掲載!
this cover 中小企業の「人事評価・賃金制度」つくり方・見直し方 - 人が育って定着する
大津 章敬 日本実業出版社
2016年08月 0 9784534054180
概要:御社の人事評価・賃金制度は「この会社で長く頑張っても大丈夫だ」と社員に思ってもらえる内容になっているでしょうか?「求人を出せばヒトが集まる時代」は終わり、今後は出口の見えない「人材難の時代」になるのは確実。本書で紹介した10ステップをしっかり押さえて、会社と社員を成長させる「人事制度」をつくりましょう!
this cover 3時間でわかる同一労働同一賃金入門
山口 俊一 中央経済社
2019年09月 0 9784502319013
概要:2018年に成立した働き方改革関連法で、正規・非正規雇用労働者間の不合理な待遇差が禁止されました。これが、いわゆる「同一労働同一賃金」です。本書は、厚生労働省のガイドラインの解説に加えて、同一労働同一賃金の先進事例や関連判例、各社の対応状況を紹介しながら、自社の対応方針が検討できるよう解説します。
this cover 賃金・手当・賞与・退職金
労務行政研究所 労務行政
2019年05月 0 9784845292912
概要:「実務Q&Aシリーズ」は、弁護士など第一線の専門家が人事管理に関するテーマに対して、最新の労働関係法令や労働判例の動向を踏まえてQ&A形式で分かりやすく解説するシリーズです。設問は、実務において問題になりやすいもの、間違えやすいもの、判断に迷うものを中心に基礎的なものから実務的なものまでを体系的に収録しました。人事の初任者が基本的な知識を学ぶだけでなく、ベテランの方にも知識を確かめられる、実務に直結した解説書に仕上げています。
this cover 定年後再雇用者の同一労働同一賃金と70歳雇用等への対応実務
川嶋 英明 日本法令
2021年03月 0 9784539728208
概要:「定年後に再雇用した労働者の賃金を大幅に引き下げる」という雇用慣行の見直しをいかに進めるかー定年前と変わらない貢献を求めるか否かの方針によって変わる労働条件と人事制度について、高齢労働者関連の法改正も踏まえて解説。
this cover 賃金決定の基礎知識
武内 崇夫 産労総合研究所出版部経営書院
2018年06月 1 9784863262621
this cover 同一労働同一賃金を活かす人事管理
今野 浩一郎 日経BP 日本経済新聞出版本部
2021年04月 0 9784532323967
概要:同一労働同一賃金の法的要請は人事管理に大きな影響を及ぼすが、人事管理のあり方を決めるものではないし決めるべきものでもない!本書は、人事管理の観点からみると同一労働同一賃金の法的要請とは何なのか、法的要請を超えて人事管理にとって同一労働同一賃金とは何なのか、同一労働同一賃金を活かす人事管理とは何なのかをずばり解説。人事管理担当者、労働組合、社会保険労務士、人事コンサルタント、弁護士必読の書。
this cover 人事・賃金コンサルティング入門 - コンサルタントになるための必須知識
河合克彦 日本法令
2014年08月 1 9784539723807
概要:長年経験を積んできた著者が自身のノウハウを余すことなく伝授!人事理論からコンサルティングの進め方(予備診断、人事制度再構築、説明会、研修、運用指導の手法等)までを具体的に解説!
this cover 日本型成果主義 - 人事・賃金制度の枠組と設計
楠田丘 生産性出版
2002年08月 4 9784820117353
概要:社会経済生産性本部の雇用システム研究センターでは、21世紀における日本の人事賃金システムのあり方を捉えるべく、労使および学識経験者からなる日本型成果主義研究会を発足させた。過去50年間の論議を多角的に検証しつつ、1年有余の綿密な調査討議を経て、提言としてまとめたものが本書である。
this cover 改訂版 サッと作れる小規模企業の賃金制度
三村正夫 産労総合研究所出版部経営書院
2019年06月 0 9784863262829
概要:従業員10人未満の社長は必読!働き方改革関連法対応版。
this cover 社員300名までの人事評価・賃金制度入門 - 6ケ月この1冊で確実に作れる
森中謙介/山口俊一(経営コンサルタント) 中央経済社
2016年02月 0 9784502182310
概要:豊富な図表と業種別事例が満載!自社に合った制度作りに最適な「入門書」の決定版。等級・評価・給与・賞与の基本的な仕組みに加え、退職金・報奨金・残業管理の各制度からパート・アルバイト、契約社員、地域限定社員、定年再雇用社員に至るまですべての制度事例を網羅。中堅・中小企業の多様な人事制度ニーズに対応した、今までにない入門書。
楽天ウェブサービスセンター
1 - 20 番目 目録更新: 2021.07.01(20:32)

先頭に戻る | 続きを表示  >>



業績好調企業でも増える人員整理

近年では、業績好調にもかかわらず希望退職や早期退職者を募る有名企業が目立ってきた。その多くが45歳以上の社員を対象としている。50~55歳になるバブル期入社組は他の世代に比べて社員数が多い。中高年齢者を削ることで社員の平均年齢が下がり、社員構成を適正化できる。さらに、年功序列型から職務能力を重視した賃金制度への移行に伴う人員整理も行われている。高齢者雇用安定法の改正への対応も、中高年の人員整理に影響しているとみられる。65歳までの雇用の義務化が予定されており、70歳までの就業支援は努力義務となった。特に60歳以上の人員の解雇は難しくなる。そのため、企業の人件費の負担は増しやすくなる。
[BUSINESS INSIDER, 2019.11.11 の記事より]

[用語の意味を調べる時は“コトバンク”で]

[ 目録INDEX: 経済 ]

[fine] 図書目録