自動運転” 関連の単行本を pick up してご案内しています。
書籍の価格や批評などの詳細情報は"Rakuten Books"のページでご覧頂けます。
(本の画像の部分をTouch/Click)

[ Page: 1 / 2 ]
cover 書名,副題
編・著者 出版社
発行日 reviews ISBN
this cover 自動車運転代行業適正化法の解説改訂3版 - 自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律
運転代行法令研究会 大成出版社
2009年12月 0 9784802829212
this cover 「自動運転」革命
小木津武樹 日本評論社
2017年03月 8 9784535787919
概要:無人の自動車は実現できるの?自動運転車が事故にあったら?完全自動運転車はクルマでなくなる?etc.大学時代から一貫して自動運転研究を推進した気鋭の研究者が語る入門書。
this cover 自動運転と社会変革ーー法と保険
明治大学自動運転社会総合研究所/中山 幸二 商事法務
2019年07月 1 9784785727284
概要:自動運転の現在と未来。研究者および実務家が民事責任、刑事責任、保険分野のみならず、改正道交法等や国際的動向、地方創生、AI全般の課題を見据え、「自動運転社会」のあり方を論ずる。
this cover AUTONOMY 自動運転の開発と未来
ローレンス・D・バーンズ/クリストファー・シュルガン 辰巳出版
2020年06月 2 9784777824021
概要:私たちは、自動車による移動形態の大変革の真っただ中にいる。近い将来、人々は自動車を所有せず、アプリを操作して呼び出した無人の電気自動車で移動するようになるだろう。本書は、2004年に開催されたロボットによる無人自動車レースから現在進行中の技術開発の狂騒に至るまでの描写を通じて、自動運転の歴史をひもとき、現在を分析し、未来を予測する。自動運転の本質を理解し、それが引き起こす革命の時代を生きていくための、究極のガイドである。
this cover 自動運転(第2版) - システム構成と要素技術
保坂 明夫/青木 啓二 森北出版
2019年05月 1 9784627674622
概要:自動運転車の開発エンジニアが書いた技術書!自動運転の根幹をなす「認知・判断・操作」の3機能について、要素技術を体系的に解説。また、技術、ヒューマンファクタ、社会性などの側面から課題をまとめ、解決策のヒントを示す。第2版では、公道実験と実用化が急速に進んでいることを受けて、全体的に記述を補いました。また、さまざまな機能の要となる人工知能(AI)の説明を加えた。
this cover トコトンやさしい自動運転の本
クライソン・トロンナムチャイ 日刊工業新聞社
2018年03月 4 9784526078057
概要:人が運転する際の認知・判断・操作を自動化するための各種技術の現状とこれからを解説します。さらに、人工知能、コネクテッドカー、EV、セキュリティなど自動運転に密接に関わる関連技術にも触れます。
this cover 自動運転の現状と課題
中嶋聖雄/高橋武秀 社会評論社
2018年10月 2 9784784518562
this cover 自動運転の技術開発 - その歴史と実用化への方向性
古川修 グランプリ出版
2019年09月 0 9784876873685
概要:クルマの運転自動化の開発は技術のみが先行し、社会的ニーズやリスクの検討が十分に行なわれていない。本書ではそれを踏まえ、クルマの自動運転の研究開発責任者だった著者が、その歴史をたどりつつ、自動運転の実用化へ向けての課題やこれからの開発の方向性を技術的観点から提言する。
this cover 発達障害者と自動車運転 - 免許の取得と教習のためのQ&A
梅永雄二/栗村健一 エンパワメント研究所
2016年06月 1 9784907576424
this cover 脳卒中後の自動車運転再開の手引き
武原格/一杉正仁 医歯薬出版
2017年10月 0 9784263218761
概要:リハ専門職必携!現場で役立つ運転再開支援のポイントをコンパクトに解説。
this cover 消防自動車の運転・操作マニュアル2訂版 - 緊急自動車の法令知識運転技能指導要領ヒヤリ・ハット
消防自動車安全運行研究会 東京法令出版
2007年11月 4 9784809022357
this cover 日本vs.アメリカvs.欧州 自動車世界戦争 - EV・自動運転・IoT対応の行方
泉谷 渉 東洋経済新報社
2018年05月 2 9784492762431
this cover 自動運転のための LiDAR技術の原理と活用法
伊東 敏夫 科学情報出版
2020年04月 0 9784904774892
this cover 脳卒中・脳外傷者の自動車運転に関する指導指針
公益社団法人 日本リハビリテーション医学会  臨床医のための脳卒中・脳外傷者の自動車運転に関する指導指針策定委員会 新興医学出版社
2021年04月 0 9784880027999
this cover 車載デバイス(2021) - 電動化・自動運転が着実に進展キーデバイスの全貌
産業タイムズ社
2020年10月 0 9784883533244
this cover 自動運転と法
藤田 友敬 有斐閣
2018年01月 1 9784641125995
概要:自動運転車の普及が現実味を帯びてきた中、事故などの際の法的責任のあり方が議論となっている。本書は、研究者・実務家による検討の成果をまとめ、公表するものである。
this cover EV・自動運転を超えて“日本流”で勝つ - ー 2030年の新たな競争軸とは -
アビームコンサルティング 日経BP
2018年06月 1 9784822256906
概要:『100年に一度の変化』は、脅威ではなく好機。日本の自動車産業は何に注力すべきか、2030年に向けた成功への道筋を明らかに。
this cover 必携自動車事故・危険運転重要判例要旨集第2版
自動車事故判例研究会 立花書房
2017年05月 0 9784803744118
this cover 自動運転&MaaSビジネス参入ガイド 周辺ビジネスから事業参入まで
下山 哲平(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人) 翔泳社
2020年11月 1 9784798163093
概要:本書は、自動運転にかかわるビジネスを考えている方に向けて、自動運転およびMaaSビジネスの基礎知識と各分野における事例、および業界・サービスへの参入方法について解説。注目されている10の業界・サービスに目を向け、これから自動運転・MaaSビジネスを始めたい人が、どのようにすれば市場に参入できるか、具体的な方法を解説。注目の5つの業界:小売業、物流業、不動産業、農業、BtoG(行政・官公庁向けビジネス)。注目の5つのサービス:広告、金融・決済、エンタメ・コンテンツ、情報セキュリティ、カーシェアリング。
this cover 自動運転のためのセンサシステム入門   -車載カメラとLiDARによるセンサフュージョンー
伊東 敏夫 日刊工業新聞社
2019年10月 0 9784526080050
楽天ウェブサービスセンター
1 - 20 番目 目録更新: 2021.07.01(20:30)

先頭に戻る | 続きを表示  >>



自動運転車による集荷のテストを開始

Alphabet (Google親会社)傘下の Waymo は、2020年1月29日に、アメリカ・アリゾナ州で自動運転車による集荷のテストを行うことを発表した。クライスラーのミニバンを使い、UPS (アメリカ郵政公社)の拠点営業所から地域の配送センターへ荷物を運ぶ計画。車両は自律走行するが、運行を監視するために Waymo の人員が乗車する。Waymo は現在600台を超える自動運転車を運行している。
[TechCrunch Japan, 2020.1.30 の記事より]

自律走行の路線バスが実用化予定

茨城県境町は、ソフトバンク子会社の BOLDLY などの協力により、フランス Navya 社製の自律走行バス(NAVYA ARMA)による定路線の運行を2020年4月をめどに開始すると発表した。このバスは定員11人で、ステアリングが無いが運行監視などの要員が2人乗車し、町内の観光拠点から銀行、スーパー、医療センターなどを結ぶ往復5kmのルートを時速19km以下(法令制限)で一日4往復する予定。
[engadget, 2020.1.27 の記事より]

[用語の意味を調べる時は“コトバンク”で]

[ 目録INDEX: 経済 ]

[fine] 図書目録