母子保護,父子家庭 関連書籍のご紹介

書籍ごとのリンクをクリックすると、その本の詳細情報が別ウインドウに表示されます。
内容紹介文や読者の感想文・書評が読めますし、ご注文も可能です。

〔 閲覧可能数: 85 / 目録更新日時: 2018.1.12(20:42)

順位書名,副題判型(縦cm)
編・著者出版社発行年月Pages定価ISBN
1 シングルマザー生活便利帳: 六訂版2018-2019 (ひとり親家庭サポートBOOK) 21(ソフトカバー)
新川てるえ, 田中涼子 太郎次郎社エディタス 2017/11 192 1,620 9784811808253
2 シングルマザー生活便利帳: ひとり親家庭サポートBOOK 21
新川 てるえ, 田中 涼子 太郎次郎社エディタス 2014/02 174 1,620 9784811807652
3 ひとり親家庭 (岩波新書) 新書
赤石 千衣子 岩波書店 2014/04 272 907 9784004314813
4 シングルマザー生活便利帳 五訂版 2016-2017 21(ソフトカバー)
新川 てるえ, 田中 涼子 太郎次郎社エディタス 2015/09 176 1,620 9784811807867
5 シングルマザー生活便利帳 (ひとり親家庭サポートBOOK) 20.8(ソフトカバー)
新川 てるえ, 田中 涼子 太郎次郎社エディタス 2010/03 176 1,620 9784811807355
6 シングルマザーをひとりぼっちにしないために~ママたちが本当にやってほしいこと~ 21
寺内順子, 芦田麗子 日本機関紙出版センター 2017/06 164 1,620 9784889009460
7 ルポ 母子家庭 (ちくま新書) 新書
小林 美希 筑摩書房 2015/05 247 886 9784480068293
8 養育費政策にみる国家と家族 - 母子世帯の社会学 21.2
下夷 美幸 勁草書房 2008/10 217 2,808 9784326602162
9 少子社会の子育て支援 (社会保障研究シリーズ) 21.8
国立社会保障・人口問題研究所 東京大学出版会 2002/02 340 11,697 9784130511155
10 社会で子どもを育てる - 子育て支援都市トロントの発想 (平凡社新書) 新書
武田 信子 平凡社 2002/11 247 4,487 9784582851625
11 「子育て支援が親をダメにする」なんて言わせない 18.6
大日向 雅美 岩波書店 2005/03 210 1,836 9784000228503
12 母子生活支援施設 - ファミリーサポートの拠点 21.2
松原 康雄 エイデル研究所 1999/12 182 ? 9784871682923
13 子育て支援策の論点 21
清家 篤, 岩村 正彦 社会経済生産性本部生産性労働情報センター 2002/11 226 ? 9784883721573
14 子づれシングルと子どもたち - ひとり親家族で育つ子どもたちの生活実態 18.8
神原 文子 明石書店 2014/03 276 2,700 9784750339818
15 「次世代育成支援」で変わる、変える子どもの未来 - 子育てを応援する「行動計画」づくり 20.8
浅井 春夫 山吹書店 2004/04 246 2,160 9784881160800
16 シングルマザーのあなたに - 暮らしを乗り切る53の方法 21
しんぐるまざあずふぉーらむ 現代書館 2008/04 141 1,512 9784768434802
17 離別母子世帯の自立と児童扶養手当制度 18.4
中垣 昌美 大阪府母子福祉連合会 1987/09 329 ? 9784915592201
18 日本の母子福祉 21
流石 智子 あいり出版 2016/01 197 2,808 9784865550160
19 子育ての環境学 (実践・子育て学講座) 18.6
大日向 雅美, 荘厳 舜哉 大修館書店 2005/04 243 2,376 9784469212983
20 日本、韓国、フランスのひとり親家族の不安定さ 21
近藤 理恵 学文社 2013/08 204 2,484 9784762023866


<< 先頭に戻る | 続きを表示 >>


Amazon.co.jp 紹介 上記価格は、出版社が決めた新品の定価です。
購入時にAmazonウェブサイトに表示されている
価格が、その商品の販売に適用されます。


現在の書籍表示順序: 販売数が多い順 発行年月の絞り込み: 指定なし

"発行年月"が新しい順で
"発行年月"の絞り込み から

【買取専門店】家電高く売れるドットコムnone

[ 児童福祉 書籍紹介(主題別) ]


ことわざ
発掘
五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)
少しの違いはあっても、愚劣な点では大差のないこと。
戦場で五十歩逃げた兵士が百歩逃げた兵士を笑った、との故事から。


[ 仕事・暮らしに役立つ書籍目録 ]