社会病理 殺人 関連書籍のご紹介

書籍ごとのリンクをクリックすると、その本の詳細情報が別ウインドウに表示されます。
内容紹介文や読者の感想文・書評が読めますし、ご購入も可能です。

〔 閲覧可能数: 100 / 目録更新日時: 2018.10.7(16:26)

順位 Cover 書名,副題
編・著者 出版社 判型(縦cm)
発行年月 Pages 価格 Used ISBN
1 Cover.1 桶川ストーカー殺人事件 - 遺言 (新潮文庫)
清水 潔 新潮社 文庫
2004/05 418 724 83 9784101492216
2 Cover.2 現代殺人百科
コリン ウィルソン, ドナルド シーマン 青土社 18.8
2004/07 551 2,376 19 9784791761326
3 Cover.3 東電OL殺人事件 (新潮文庫)
佐野 眞一 新潮社 文庫
2003/08 541 9,800 52 9784101316338
4 Cover.4 人殺し大百科
ホミサイドラボ データハウス 22.4
2006/12 493 4,104 7 9784887188853
5 Cover.5 愛犬家連続殺人 (角川文庫)
志麻 永幸 角川書店 文庫
2000/09 312 ? 15 9784043553013
6 Cover.6 夢のなか - 連続幼女殺害事件被告の告白
宮崎 勤 創出版 18.8
1998/12 231 1,620 13 9784924718302
7 Cover.7 夢のなか、いまも
宮崎 勤 創出版 18.8
2006/02 336 1,620 15 9784924718722
8 Cover.8 共犯者 (新潮クライムファイル)
山崎 永幸 新潮社 19.4
1999/06 280 ? 13 9784106028311
9 Cover.9 図説 切り裂きジャック (ふくろうの本)
仁賀 克雄 河出書房新社 20.8
2001/05 103 ? 7 9784309726588
10 Cover.10 整形逃亡 - 松山ホステス殺人事件 (幻冬舎アウトロー文庫)
松田 美智子 幻冬舎 文庫
2000/02 278 ? 10 9784877288532
11 Cover.11 悪魔を憐れむ歌
蓮見 圭一 幻冬舎 19.8
2003/12 280 ? 5 9784344004405
12 Cover.12 世界殺人鬼ファイル 殺人王実践篇 - 鬼畜たちの残虐レッスン
目黒殺人鬼博物館 太陽出版 18.8
2006/01 243 1,512 7 9784884694494
13 Cover.13 “宮崎勤”を探して
芹沢 俊介 雲母書房 19.2
2006/12 294 1,944 15 9784876722112
14 Cover.14 人が人を殺すとき - 進化でその謎をとく
マーティン デイリー, マーゴ ウィルソン 新思索社 19.2
1999/12 511 ? 6 9784783502180
15 Cover.15 福田和子はなぜ男を魅了するのか - 「松山ホステス殺人事件」全軌跡
松田 美智子 幻冬舎 19.6
1999/01 508 ? 8 9784877282820
16 Cover.16 情痴殺人事件 (TRUE CRIME JAPAN)
斎藤 充功, 土井 洸介 同朋舎出版 19.8
1996/03 237 ? 6 9784810422818
17 Cover.17 殺人王 - 世界殺人鬼ファイル
目黒殺人鬼博物館 太陽出版 18.8
2002/01 256 1,512 14 9784884692551
18 Cover.18 宮崎勤事件 - 塗り潰されたシナリオ
一橋 文哉 新潮社 19.4
2001/06 313 10,941 11 9784104128044
19 Cover.19 涙の谷 - 私の逃亡、十四年と十一カ月十日
福田 和子 扶桑社 19.8
1999/08 310 ? 25 9784594027490
20 Cover.20 殺人王〈2〉 - 世界殺人鬼ファイル 地獄の毒毒キラー
目黒殺人鬼博物館 太陽出版 18.8
2002/04 247 1,240 7 9784884692629


<< 先頭に戻る | 続きを表示 >>


Amazon.co.jp 紹介 上記価格の多くは出版社が決めた定価です。
購入時にAmazonウェブサイトに表示されている
価格が、その商品の販売に適用されます。


現在の書籍表示順序: 販売数が多い順 発行年月の絞り込み: 指定なし

"発行年月"が新しい順で
"発行年月"の絞り込み から

HonyaClub.comdot ブックオフオンライン【PC・携帯共通】dot

[ 社会病理 書籍紹介(主題別) ]


ことわざ
発掘
口は禍(わざわい)の門(かど)
うっかりしたことを言うと、それが不幸を招く原因となる。
口を慎めという戒め。


[ 仕事・暮らしに役立つ書籍目録 ]