社会病理 殺人 関連書籍のご紹介

書籍ごとのリンクをクリックすると、その本の詳細情報が別ウインドウに表示されます。
内容紹介文や読者の感想文・書評が読めますし、ご購入も可能です。

〔 閲覧可能数: 100 / 目録更新日時: 2019.2.12(11:47)

順位 Cover 書名,副題
編・著者 出版社 判型(縦cm)
発行年月 Pages 価格 Used ISBN
1 Cover.1 桶川ストーカー殺人事件 - 遺言 (新潮文庫)
清水 潔 新潮社 文庫
2004/05 418 724 86 9784101492216
2 Cover.2 人殺し大百科
ホミサイドラボ データハウス 22.4
2006/12 493 4,104 8 9784887188853
3 Cover.3 夢のなか - 連続幼女殺害事件被告の告白
宮崎 勤 創出版 18.8
1998/12 231 1,620 13 9784924718302
4 Cover.4 現代殺人百科
コリン ウィルソン, ドナルド シーマン 青土社 18.8
2004/07 551 2,376 24 9784791761326
5 Cover.5 20世紀にっぽん殺人事典
福田 洋 社会思想社 21.6
2001/07 836 ? 5 9784390502122
6 Cover.6 夢のなか、いまも
宮崎 勤 創出版 18.8
2006/02 336 1,620 11 9784924718722
7 Cover.7 その時、殺しの手が動く - 引き寄せた災、必然の9事件 (新潮文庫)
「新潮45」編集部 新潮社 文庫
2003/05 317 6,735 20 9784101239156
8 Cover.8 魂の叫び - 11歳の殺人者、メアリー・ベルの告白
ジッタ セレニー 清流出版 19
1999/12 608 ? 8 9784916028679
9 Cover.9 整形逃亡 - 松山ホステス殺人事件 (幻冬舎アウトロー文庫)
松田 美智子 幻冬舎 文庫
2000/02 278 ? 10 9784877288532
10 Cover.10 図説 切り裂きジャック (ふくろうの本)
仁賀 克雄 河出書房新社 20.8
2001/05 103 ? 6 9784309726588
11 Cover.11 M/世界の、憂鬱な先端
吉岡 忍 文藝春秋 18.8
2001/12 543 2,000 21 9784163570303
12 Cover.12 図説 決闘全書
マルタン モネスティエ 原書房 19.8
1999/10 457 3,888 7 9784562032563
13 Cover.13 悪魔の医師
ジェームス・B. スチュワート 明石書店 19
2001/11 428 12,148 6 9784750314839
14 Cover.14 幼女連続殺人事件を読む - 全資料・宮崎勤はどう語られたか?
都市のフォークロアの会 JICC出版局 20.6
1989/10 79 14,932 11 9784880636832
15 Cover.15 連続殺人紳士録
ブライアン レーン, ウィルフレッド グレッグ 中央アート出版社 21.2
1994/12 333 ? 8 9784886397133
16 Cover.16 人が人を殺すとき - 進化でその謎をとく
マーティン デイリー, マーゴ ウィルソン 新思索社 19.2
1999/12 511 ? 9 9784783502180
17 Cover.17 日本猟奇・残酷事件簿 (扶桑社文庫)
合田 一道, 犯罪史研究会 扶桑社 文庫
2006/09 300 9,632 5 9784594052263
18 Cover.18 日本猟奇・残酷事件簿
合田 一道, 犯罪史研究会 扶桑社 18.8
2000/06 277 ? 5 9784594029159
19 Cover.19 ザ・殺人術
ジョン ミネリー 電子本ピコ第三書館販売 20.8
2002/07 305 1,296 27 9784807402113
20 Cover.20 日本怪死人列伝 (扶桑社文庫)
安部 譲二 産経新聞ニュースサービス 文庫
2004/03 296 ? 9 9784594045586


<< 先頭に戻る | 続きを表示 >>


Amazon.co.jp 紹介 上記価格の多くは出版社が決めた定価です。
購入時にAmazonウェブサイトに表示されている
価格が、その商品の販売に適用されます。


現在の書籍表示順序: 販売数が多い順 発行年月の絞り込み: 指定なし

"発行年月"が新しい順で
"発行年月"の絞り込み から

HonyaClub.comdot ブックオフオンライン【PC・携帯共通】dot

[ 社会病理 書籍紹介(主題別) ]


ことわざ
発掘
渇すれども盗泉の水を飲まず
苦しくとも、不正な手段によって得た物で欲望を満たさない。
孔子が盗泉という名を嫌って泉の水を飲まずに我慢したという故事から。


[ 仕事・暮らしに役立つ書籍目録 ]