税務調査 関連書籍のご紹介

書籍ごとのリンクをクリックすると、その本の詳細情報が別ウインドウに表示されます。
内容紹介文や読者の感想文・書評が読めますし、ご注文も可能です。

〔 閲覧可能数: 100 / 目録更新日時: 2017.10.10(11:59)

順位書名,副題判型(縦cm)
編・著者出版社発行年月Pages定価ISBN
1 税務調査官の着眼力II 間違いだらけの相続税対策 19.3
秋山清成 中央経済社 2016/03 208 1,944 9784502182617
2 フリーランス&個人事業主 確定申告でお金を残す! 元国税調査官のウラ技 第4版 21(ソフトカバー)
大村 大次郎 技術評論社 2017/10 240 1,706 9784774192819
3 相続税の税務調査を完璧に切り抜ける方法 [改訂版] 新書
服部 誠 幻冬舎 2017/02 190 864 9784344911826
4 税務調査官の着眼力 18.8
薄井逸走 中央経済社 2015/05 256 1,944 9784502151811
5 資料収集・現地調査から評価まで ここが違う! プロが教える 土地評価の要諦 25.7
東北 篤 清文社 2016/01 328 3,240 9784433566555
6 ちょっと待った!! 社長! 御社の税務調査ココが狙われます!! 18.8
見田村元宣 すばる舎 2013/09 232 1,620 9784799102824
7 相続税調査であわてない 「名義」財産の税務(第2版) 21
安部 和彦 中央経済社 2017/09 320 3,672 9784502242410
8 フリーランス&個人事業主 確定申告でお金を残す! 元国税調査官のウラ技 第3版 21(ソフトカバー)
大村 大次郎 技術評論社 2016/10 224 3,480 9784774184418
9 調査官目線でつかむ セーフ?アウト?税務調査 18.8
飯田 真弓 清文社 2016/12 228 1,944 9784433635169
10 土地評価に係る現地調査の重要ポイント 21.3
吉野 広之進 税務研究会出版局 2016/11 215 2,268 9784793122248
11 税務調査でそこが問われる! 相続税・贈与税における 名義預金・名義株の税務判断 21
風岡 範哉 清文社 2015/12 248 2,700 9784433562854
12 税務調査対策完全マニュアル 20.8
内野 正昭, 山口 義夫 中央経済社 2013/04 320 3,240 9784502067105
13 税務調査事例からみる 役員給与実務Q&A (新版) 21
安部 和彦 清文社 2016/12 360 3,024 9784433636166
14 基礎控除引下げ後の相続税税務調査対策の手引 - 申告時と調査対応のポイント-- 20.8
庄司 範秋, 松本 好正 新日本法規出版 2015/02 320 3,888 9784788279513
15 社長、税務調査の損得は税理士で決まる! 18.6(ソフトカバー)
税務調査研究会 あさ出版 2012/04 190 1,562 9784860635275
16 議事録・稟議書・契約書の書き方 実務マニュアル: 税務調査の事前対策 21.2
長部 弘, 馬場 一徳 税務経理協会 2015/10 155 2,160 9784419062682
17 改訂版 元国税調査官が教える 相続税調査実態からみる申告書作成のテクニック 21
武田 秀和 日本法令 2015/09 264 2,268 9784539724415
18 海外進出企業の税務調査対策チェックリスト(第2版) 21.2
佐和周 中央経済社 2014/11 402 4,104 9784502120619
19 相続税の鉄則50 (申告書からみた税務調査対策シリーズ) 21.2
白井一馬, 岡野訓, 他 中央経済社 2014/09 240 2,916 9784502121616
20 事例で分かる税務調査の対応Q&A - 法人税・消費税・源泉所得税 21
中央総研 税務経理協会 2012/03 268 8,059 9784419058180


<< 先頭に戻る | 続きを表示 >>


Amazon.co.jp 紹介 上記価格は、出版社が決めた新品の定価です。
購入時にAmazonウェブサイトに表示されている
価格が、その商品の販売に適用されます。


現在の書籍表示順序: 販売数が多い順 発行年月の絞り込み: 指定なし

"発行年月"が新しい順で
"発行年月"の絞り込み から

【買取専門店】家電高く売れるドットコムnone

[ 財務・税務会計 書籍紹介(主題別) ]


ことわざ
発掘
朝三暮四 (列子)
目先の違いにとらわれて、その実質が同じであることを知らないこと。
猿に栃の実七つを与えるのを、朝三つ暮れに四つでなく朝四つにすると喜んだとの故事から。


[ 仕事・暮らしに役立つ書籍目録 ]