財務管理:内部統制・監査 関連書籍のご紹介

書籍ごとのリンクをクリックすると、その本の詳細情報が別ウインドウに表示されます。
内容紹介文や読者の感想文・書評が読めますし、ご注文も可能です。

〔 閲覧可能数: 100 / 目録更新日時: 2017.10.10(11:57)

順位書名,副題判型(縦cm)
編・著者出版社発行年月Pages定価ISBN
1 図解 ひとめでわかる内部統制 第3版 21
仁木 一彦 東洋経済新報社 2014/03 210 1,944 9784492093160
2 図解 ひとめでわかる内部統制 第3版 Kindle版
仁木 一彦 東洋経済新報社 2014/04 ? ? -
3 日経文庫 内部統制の知識<第3版> 新書
町田 祥弘 日本経済新聞出版社 2015/03 264 1,080 9784532113247
4 内部統制の知識<第3版> (日経文庫) オンデマンド (ペーパーバック)
町田祥弘 日本経済新聞出版社 2017/07 266 1,949 9784532912659
5 これですべてがわかる内部統制の実務〈第3版〉 21.2
箱田順哉, 山本 守, 他 中央経済社 2017/03 412 4,644 9784502223914
6 図解 一番はじめに読む内部監査の本 (第2版) 21.8
野坂 晃史, 仁木 一彦, 他 東洋経済新報社 2010/07 222 1,944 9784492092880
7 内部監査のプロが書く 監査報告書の指摘事項と改善提案 20.6(ソフトカバー)
藤井 範彰 同文舘出版 2016/11 412 4,104 9784495205119
8 コンプライアンス・内部統制ハンドブック 21.8
中村 直人 商事法務 2017/05 480 6,480 9784785725181
9 企業の人間的側面 - 統合と自己統制による経営 18.4
ダグラス・マグレガー 産能大学出版部 1970/08 295 2,700 9784382040168
10 粉飾決算 - 問われる監査と内部統制 Kindle版
浜田康 日本経済新聞出版社 2016/02 ? ? -
11 粉飾決算 - 問われる監査と内部統制 32.6
浜田 康 日本経済新聞出版社 2016/02 472 2,592 9784532320607
12 実務詳解 内部統制の文書化マニュアル 21.2
あずさ監査法人 中央経済社 2007/04 481 26,471 9784502270505
13 実務詳解 内部統制の文書化マニュアル オンデマンド (ペーパーバック)
あずさ監査法人 中央経済社 2007/04 510 ? 9784481902183
14 IPO・内部統制の基礎と実務(第3版) 21(ソフトカバー)
(一社)日本経営調査士協会 監修, 日本投資環境研究所編? 編, 他 同文舘出版 2017/09 384 3,888 9784495197339
15 これだけは知っておきたい内部監査の基本(六訂版) 21.8(ソフトカバー)
川村 眞一 同文舘出版 2016/07 224 2,160 9784495189167
16 経営監査へのアプローチ (企業価値向上のための総合的内部監査10の視点) 21
PwCあらた有限責任監査法人 清文社 2017/01 302 3,239 9784433643867
17 現代の内部監査 (放送大学教材) 21
齋藤 正章, 蟹江 章 放送大学教育振興会 2017/03 208 2,700 9784595317316
18 改訂COSOフレームワークを活用した 内部統制「改善」の実践マニュアル 20.8(ソフトカバー)
新日本有限責任監査法人 編著 同文館出版 2014/05 632 7,128 9784495200718
19 CIA(公認内部監査人)合格へのパスポート 18.8
三輪 豊明 税務経理協会 2014/02 242 1,296 9784419060725
20 公共部門における評価と統制 (ガバナンスと評価) 21.2
橋本 圭多 晃洋書房 2017/07 202 2,808 9784771029071


<< 先頭に戻る | 続きを表示 >>


Amazon.co.jp 紹介 上記価格は、出版社が決めた新品の定価です。
購入時にAmazonウェブサイトに表示されている
価格が、その商品の販売に適用されます。


現在の書籍表示順序: 販売数が多い順 発行年月の絞り込み: 指定なし

"発行年月"が新しい順で
"発行年月"の絞り込み から

【買取専門店】家電高く売れるドットコムnone

[ 企業会計 書籍紹介(主題別) ]


ことわざ
発掘
鵜(う)のまねをする烏(からす)
自分の能力を省みずに人真似をして失敗する者のたとえ。
姿が鵜に似ている烏が、鵜のまねをして水に入り溺れる、の意から。


[ 仕事・暮らしに役立つ書籍目録 ]