商品学 関連書籍のご紹介

書籍ごとのリンクをクリックすると、その本の詳細情報が別ウインドウに表示されます。
内容紹介文や読者の感想文・書評が読めますし、ご注文も可能です。

〔 閲覧可能数: 100 / 目録更新日時: 2017.10.18(16:28)

順位書名,副題判型(縦cm)
編・著者出版社発行年月Pages定価ISBN
1 ブランド・エクイティ戦略 - 競争優位をつくりだす名前、シンボル、スローガン 19
デービッド・A. アーカー ダイヤモンド社 1994/01 404 4,104 9784478501146
2 ソニアのショッピングマニュアル 18.2
ソニア・パーク マガジンハウス 2004/10 237 ? 9784838715060
3 ブランド戦略シナリオ - コンテクスト・ブランディング 19
阿久津 聡, 石田 茂 ダイヤモンド社 2002/07 286 1,944 9784478374009
4 ブランド - 価値の創造 (岩波新書) 新書
石井 淳蔵 岩波書店 1999/09 210 778 9784004306344
5 企業を高めるブランド戦略 (講談社現代新書) 新書
田中 洋 講談社 2002/09 222 821 9784061496248
6 ブランド・ポートフォリオ戦略 21.2
デイビッド・A.アーカー ダイヤモンド社 2005/07 428 4,104 9784478502419
7 製品・ブランド戦略 - 現代のマーケティング戦略〈1〉 (有斐閣アルマ) 18.6
青木 幸弘, 恩蔵 直人 有斐閣 2004/09 296 2,160 9784641122314
8 つまりこういうことだ!ブランドの授業 (日経ビジネス人文庫) オンデマンド (ペーパーバック)
阪本啓一 日本経済新聞出版社 2017/07 226 1,744 9784532915827
9 つまりこういうことだ!ブランドの授業 (日経ビジネス人文庫) 文庫
阪本 啓一 日本経済新聞出版社 2008/10 215 15,526 9784532194680
10 パワー・ブランドの本質 - 企業とステークホルダーを結合させる「第五の経営資源」 19.2
片平 秀貴 ダイヤモンド社 1999/07 337 2,592 9784478501672
11 ブランドなんか、いらない - 搾取で巨大化する大企業の非情 21.2
ナオミ クライン はまの出版 2001/05 437 ? 9784893613257
12 ブランド優位の戦略 - 顧客を創造するBIの開発と実践 19
デービッド・A. アーカー ダイヤモンド社 1997/07 489 4,752 9784478501443
13 その商品は人を幸せにするか ソーシャルプロダクツのすべて 19(ソフトカバー)
中間 大維 ファーストプレス 2015/12 288 1,944 9784904336908
14 ブランドビジネス (平凡社新書) 新書
三田村 蕗子 平凡社 2004/04 214 821 9784582852202
15 戦略的ブランド・マネジメント 21.6
ケビン・レーン ケラー 東急エージェンシー 2000/07 734 ? 9784884970765
16 ブランド戦略・ケースブック 21.2
田中 洋 同文館出版 2012/06 270 3,024 9784495645212
17 ブランド・リーダーシップ - 「見えない企業資産」の構築 19
デービッド・A. アーカー, エーリッヒ ヨアヒムスターラー ダイヤモンド社 2000/10 443 3,024 9784478373156
18 B2Bブランディング - 企業間の取引接点を強化する 18.8
余田 拓郎, 首藤 明敏 日本経済新聞社 2006/07 279 2,160 9784532312862
19 企業ブランドデザイニング 21.2
原田 進 実務教育出版 2003/09 275 2,550 9784788907102
20 ブランド価値を高める コンタクト・ポイント戦略 21.2
スコット M. デイビス, マイケル・ダン ダイヤモンド社 2004/03 241 2,592 9784478502280


<< 先頭に戻る | 続きを表示 >>


Amazon.co.jp 紹介 上記価格は、出版社が決めた新品の定価です。
購入時にAmazonウェブサイトに表示されている
価格が、その商品の販売に適用されます。


現在の書籍表示順序: 販売数が多い順 発行年月の絞り込み: 指定なし

"発行年月"が新しい順で
"発行年月"の絞り込み から

【買取専門店】家電高く売れるドットコムnone

[ マーケティング 書籍紹介(主題別) ]


ことわざ
発掘
五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)
少しの違いはあっても、愚劣な点では大差のないこと。
戦場で五十歩逃げた兵士が百歩逃げた兵士を笑った、との故事から。


[ 仕事・暮らしに役立つ書籍目録 ]