商業行政 関連書籍のご紹介

書籍ごとのリンクをクリックすると、その本の詳細情報が別ウインドウに表示されます。
内容紹介文や読者の感想文・書評が読めますし、ご注文も可能です。

〔 閲覧可能数: 100 / 目録更新日時: 2017.10.1(16:17)

順位書名,副題判型(縦cm)
編・著者出版社発行年月Pages定価ISBN
1 別冊Discover Japan_LOCAL 地域ブランド デザイン集 (エイムック 3588 別冊Discover Japan LOCAL) ムック
ディスカバージャパン編集部 エイ出版社 2017/01 160 1,728 9784777944613
2 デザインで地域を元気にする、プロジェクトと仕掛人たち 25.6(ソフトカバー)
- パイインターナショナル 2015/02 144 2,592 9784756245915
3 コミュニティ・カフェをつくろう! 20.6
WAC 学陽書房 2007/12 199 ? 9784313550056
4 図解入門業界研究最新物流業界の動向とカラクリがよ~くわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book) 21
橋本 直行 秀和システム 2006/06 198 1,404 9784798013466
5 現代の貿易政策 - 国際不完全競争の理論 21.2
E. ヘルプマン 東経 1992/06 195 17,053 9784492441459
6 空き家急増の真実 - 放置・倒壊・限界マンション化を防げ 18.8(ソフトカバー)
米山 秀隆 日本経済新聞出版社 2012/06 228 1,511 9784532355210
7 自動車運転代行業適正化法の解説 - 自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律 単行本
運転代行法令研究会 大成出版社 2002/04 119 ? 9784802803670
8 フラノマルシェの奇跡: 小さな街に200万人を呼び込んだ商店街オヤジたち 18.4
西本 伸顕 学芸出版社 2013/07 216 1,728 9784761513290
9 要説 不正競争防止法 単行本
山本 庸幸 発明協会 2002/10 520 ? 9784827106909
10 要説 不正競争防止法 21.8
山本 庸幸 発明協会 2006/07 480 6,480 9784827108361
11 商業まちづくり - 商業集積の明日を考える (専修大学商学研究所叢書) 21.2
専修大学マーケティング研究会 白桃書房 2003/04 169 55,401 9784561641346
12 コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方 18.8(ソフトカバー)
久繁 哲之介 商業界 2012/10 246 1,512 9784785504342
13 電子帳簿の実務Q&A - 企業と会計事務所の対応マニュアル 25.4
佐久間 裕幸 ぎょうせい 1998/10 245 ? 9784324055458
14 不正競争法概説 21.2
田村 善之 有斐閣 2003/09 564 11,424 9784641143319
15 反撃するアメリカ - 包括通商政策とココムへの対策 単行本
内田 盛也 にっかん書房 1988/03 246 ? 9784526022920
16 不正競争防止法による知財防衛戦略 19
奈須野 太 日本経済新聞社 2005/11 299 2,376 9784532351779
17 不正競争防止法における商品形態の摸倣 (別冊NBL (No.68)) 25.6
大阪弁護士会知的財産法実務研究会 商事法務研究会 2002/04 472 19,715 9784785770402
18 電子認証のしくみとPKIの基本 23.5
牧野 二郎, 城所 岩生, 他 毎日コミュニケーションズ 2003/08 335 ? 9784839911287
19 中古住宅市場活性化に向けた提言 - 「中古市場に流通革命を」 20.8
自由民主党, 自民党= 住宅新報社 2016/01 278 1,944 9784789237789
20 Q&A 宅地評価の実務 - 難解な宅地の相続税評価の解明 20.8
橋本 守次 財経詳報社 2015/10 504 3,888 9784881774199


<< 先頭に戻る | 続きを表示 >>


Amazon.co.jp 紹介 上記価格は、出版社が決めた新品の定価です。
購入時にAmazonウェブサイトに表示されている
価格が、その商品の販売に適用されます。


現在の書籍表示順序: 販売数が多い順 発行年月の絞り込み: 指定なし

"発行年月"が新しい順で
"発行年月"の絞り込み から



[ 商業 書籍紹介(主題別) ]


ことわざ
発掘
朝三暮四 (列子)
目先の違いにとらわれて、その実質が同じであることを知らないこと。
猿に栃の実七つを与えるのを、朝三つ暮れに四つでなく朝四つにすると喜んだとの故事から。


[ 仕事・暮らしに役立つ書籍目録 ]