商業概論 関連書籍のご紹介

書籍ごとのリンクをクリックすると、その本の詳細情報が別ウインドウに表示されます。
内容紹介文や読者の感想文・書評が読めますし、ご購入も可能です。

〔 閲覧可能数: 70 / 目録更新日時: 2019.2.12(13:36)

順位 Cover 書名,副題
編・著者 出版社 判型(縦cm)
発行年月 Pages 価格 Used ISBN
1 Cover.1 商哲学の提唱 - 経営と道徳
岡 昌宏 晃洋書房 19.6
1995/11 173 ? 2 9784771008151
2 Cover.2 現代商業学 新版 (有斐閣アルマ)
高嶋 克義 有斐閣 19.2(ソフトカバー)
2012/03 330 2,268 21 9784641124646
3 Cover.3 商学の基本を学ぶ15講
井田 泰人 晃洋書房 20.8
2014/08 146 1,944 6 9784771025660
4 Cover.4 商業学 (有斐閣Sシリーズ)
石原 武政, 佐藤 善信, 他 有斐閣 19
2000/02 304 2,160 18 9784641059849
5 Cover.5 これが商学部!!
明治大学商学部 同文舘出版 21
2010/04 250 1,620 8 9784495639822
6 Cover.6 ビジネス・エッセンシャルズ〈5〉流通 (ビジネス・エッセンシャルズ (5))
大阪市立大学商学部 有斐閣 21
2002/03 288 3,240 16 9784641052680
7 Cover.7 商学通論(九訂版)
久保村 隆祐 同文舘出版 22
2016/03 280 2,592 16 9784495628499
8 Cover.8 商学への招待 (有斐閣ブックス)
石原 武政, 忽那 憲治 有斐閣 21(ソフトカバー)
2013/08 338 2,592 10 9784641184176
9 Cover.9 基礎からの商業と流通(第4版)
石川 和男 中央経済社 21.2
2018/03 312 3,240 12 9784502261510
10 Cover.10 商業試論
リチャード カンティロン 名古屋大学出版会 19
1992/06 278 12,743 10 9784815801793
11 Cover.11 現代商業学
梅沢 昌太郎 慶應義塾大学出版会 21
2010/10 235 2,700 17 9784766417883
12 Cover.12 現代の商学
林 周二 有斐閣 21.8
1999/12 342 ? 9 9784641160781
13 Cover.13 基礎からの商業と流通(第3版)
石川 和男 中央経済社 20.8
2013/03 320 8,586 17 9784502470905
14 Cover.14 ビジネス研究の最前線 (これが商学部シリーズ)
明治大学商学部 同文舘出版 21
2012/03 238 1,836 33 9784495644918
15 Cover.15 現代 商学概論
西村 林, 石井 栄一 税務経理協会 単行本
1991/06 219 ? 3 9784419015664
16 Cover.16 商業理論と流通政策
小谷 正守, 出家 健治 ミネルヴァ書房 21
1997/03 264 ? 4 9784623027293
17 Cover.17 現代商業の理論と政策
糸園辰雄 同文館出版 22.4
1999/02 258 2,700 18 9784495625030
18 Cover.18 21世紀の商学原論講義 - 経済、商、法の3極思考 (広島修道大学テキストシリーズ)
柏木 信一 晃洋書房 21
2016/04 180 2,268 8 9784771026773
19 Cover.19 新講 商学総論
雲英 道夫 多賀出版 21
1995/06 284 29,388 8 9784811539119
20 Cover.20 商学通論(八訂版)
久保村隆祐 編著 同文館出版 21.2
2014/03 276 9,947 26 9784495628482


<< 先頭に戻る | 続きを表示 >>


Amazon.co.jp 紹介 上記価格の多くは出版社が決めた定価です。
購入時にAmazonウェブサイトに表示されている
価格が、その商品の販売に適用されます。


現在の書籍表示順序: 販売数が多い順 発行年月の絞り込み: 指定なし

"発行年月"が新しい順で
"発行年月"の絞り込み から

HonyaClub.comdot ブックオフオンライン【PC・携帯共通】dot

[ 商業 書籍紹介(主題別) ]


ことわざ
発掘
他山の石 (詩経)
他の出来事や他人の批評が、自分の知徳を磨く助けになる、との意。
よその山の粗悪な石も、玉を磨く砥石として使うことができる、との意味から。


[ 仕事・暮らしに役立つ書籍目録 ]