経済史・事情 朝鮮 関連書籍のご紹介

書籍ごとのリンクをクリックすると、その本の詳細情報が別ウインドウに表示されます。
内容紹介文や読者の感想文・書評が読めますし、ご注文も可能です。

〔 閲覧可能数: 100 / 目録更新日時: 2017.10.6(19:21)

順位書名,副題判型(縦cm)
編・著者出版社発行年月Pages定価ISBN
1 凍土の共和国 - 北朝鮮幻滅紀行 18.8
金 元祚 亜紀書房 1984/03 347 ? 9784750584034
2 朝鮮半島はなぜいつも地獄が繰り返されるのか: 中国人ですら韓民族に関わりたくない本当の理由 18.6
石 平 徳間書店 2017/06 203 1,080 9784198644253
3 日本の産業革命 - 日清・日露戦争から考える (講談社学術文庫) 文庫
石井 寛治 講談社 2012/12 320 1,134 9784062921473
4 韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書) 新書
シンシアリー 扶桑社 2015/03 286 842 9784594072261
5 現代朝鮮経済 挫折と再生への歩み (ERINA北東アジア研究叢書6) 単行本
三村 光弘 日本評論社 2017/09 208 5,076 9784535558847
6 さらば、自壊する韓国よ! (WAC BUNKO 252) 新書
呉 善花 ワック 2017/03 216 994 9784898317525
7 アジア経済史研究入門 20.8
水島 司, 加藤 博, 他 名古屋大学出版会 2015/10 390 4,104 9784815808167
8 韓国・北朝鮮の嘘を見破る - 近現代史の争点30 (文春新書) 新書
鄭 大均, 古田 博司 文藝春秋 2006/08 342 972 9784166605200
9 日韓経済発展比較論 (NRC (86‐14)) 単行本
統計研究会 総合研究開発機構 1988/04 280 ? 9784795565401
10 韓国経済 大崩壊の全内幕 19
辺 真一, 勝又 壽良, 他 宝島社 2017/03 223 1,296 9784800266835
11 経済から見た北朝鮮 - 北東アジア経済協力の視点から-- (明石ライブラリー135) 19.2
小牧 輝夫, 財団法人環日本海経済研究所 明石書店 2010/04 272 3,240 9784750331751
12 なぜ、日本人は韓国人が嫌いなのか。 - 隣の国で考えたこと (WAC BUNKO) 17.6
岡崎 久彦 ワック 2006/11 355 1,008 9784898315569
13 詳解 北朝鮮の実態 - 金正恩体制下の軍事戦略と国家のゆくえ 19
西村 金一 原書房 2012/05 364 3,024 9784562048427
14 北朝鮮の核心 - そのロジックと国際社会の課題 19.2
アンドレイ・ランコフ みすず書房 2015/06 368 4,968 9784622078951
15 北朝鮮経済のカラクリ (日経プレミアシリーズ) 新書
山口 真典 日本経済新聞出版社 2013/12 224 918 9784532262228
16 韓国のグローバル人材育成力 超競争社会の真実 (講談社現代新書) 新書
岩渕 秀樹 講談社 2013/02 356 842 9784062881944
17 北朝鮮秘録 軍・経済・世襲権力の内幕 (文春新書 932) 新書
牧野 愛博 文藝春秋 2013/07 261 896 9784166609321
18 韓国経済がわかる20講 - 援助経済・高度成長・経済危機・グローバル化の70年の歩み 20.8(ソフトカバー)
裵 海善(ベ ヘション) 明石書店 2014/06 183 2,700 9784750340319
19 韓国大崩壊 (別冊宝島 2542) 大型本
- 宝島社 2017/01 111 1,080 9784800266903
20 本当はヤバイ!韓国経済 - 迫り来る通貨危機再来の恐怖 18.6
三橋 貴明 彩図社 2007/06 253 1,243 9784883926008


<< 先頭に戻る | 続きを表示 >>


Amazon.co.jp 紹介 上記価格は、出版社が決めた新品の定価です。
購入時にAmazonウェブサイトに表示されている
価格が、その商品の販売に適用されます。


現在の書籍表示順序: 販売数が多い順 発行年月の絞り込み: 指定なし

"発行年月"が新しい順で
"発行年月"の絞り込み から

【買取専門店】家電高く売れるドットコムnone

[ 経済 書籍紹介(主題別) ]


ことわざ
発掘
人間到(いた)る所(ところ)青山(せいざん)あり
活動する場所は、故郷だけでなく、どこにでもある、の意。
どこで死んでも骨を埋める場所(=青山)はある、という意味から。


[ 仕事・暮らしに役立つ書籍目録 ]