経済統合 関連書籍のご紹介

書籍ごとのリンクをクリックすると、その本の詳細情報が別ウインドウに表示されます。
内容紹介文や読者の感想文・書評が読めますし、ご注文も可能です。

〔 閲覧可能数: 100 / 目録更新日時: 2017.10.6(19:21)

順位書名,副題判型(縦cm)
編・著者出版社発行年月Pages定価ISBN
1 ESG投資 新しい資本主義のかたち 19.6
水口 剛 日本経済新聞出版社 2017/09 240 2,376 9784532357443
2 新EU法 基礎篇 (岩波テキストブックス) 21.2(ソフトカバー)
庄司 克宏 岩波書店 2013/06 416 17,709 9784000289108
3 新EU法 政策篇 (岩波テキストブックス) 21(ソフトカバー)
庄司 克宏 岩波書店 2014/10 428 4,212 9784000289139
4 カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ! ? 18.8(ソフトカバー)
高城 剛 集英社 2016/12 240 1,512 9784087860801
5 欧州の危機 18.8
庄司 克宏 東洋経済新報社 2016/09 254 1,728 9784492444351
6 現代中国の産業集積 - 「世界の工場」とボトムアップ型経済発展-- 21.2
伊藤 亜聖 名古屋大学出版会 2015/12 232 5,832 9784815808235
7 迷走するイギリス - EU離脱と欧州の危機 18.8
細谷 雄一 慶應義塾大学出版会 2016/09 224 1,944 9784766423730
8 EU[第3版]:欧州統合の現在 21.2
辰巳 浅嗣 創元社 2012/10 288 2,400 9784422300443
9 EUの社会経済と産業 (産研レクチャー・シリーズ) 18.8
市川 顕 関西学院大学産業研究所 2015/04 278 2,160 9784862831934
10 EUとは何か(第2版) - 国家ではない未来の形 (現代選書29) 19.3(ソフトカバー)
中村 民雄 信山社 2016/10 160 1,944 9784797236262
11 EU騒乱: テロと右傾化の次に来るもの (新潮選書) 19.3
広岡 裕児 新潮社 2016/03 289 1,512 9784106037832
12 ユーロは絶対に崩壊しない 米英マネー資本主義に立ち向かうEUの大陸資本主義 (幻冬舎ルネッサンス新書) 新書
伴野 文夫 幻冬舎 2016/09 240 864 9784344994232
13 Brexit(英離脱)ショック 企業の選択 世紀の誤算のインパクト 18.8(ソフトカバー)
吉田 健一郎 日本経済新聞出版社 2016/10 232 1,944 9784532357122
14 EUはどうなるか: Brexit(ブレグジット)の衝撃 (平凡社新書) 新書
村上 直久 平凡社 2016/11 231 842 9784582858310
15 欧州危機と反グローバリズム 破綻と分断の現場を歩く (講談社+α新書) 新書
星野 眞三雄 講談社 2017/01 216 929 9784062729734
16 ASEAN経済共同体の創設と日本 21.5
石川 幸一, 清水 一史, 他 文眞堂 2016/11 379 3,024 9784830949173
17 EUの知識 (日経文庫) 新書
藤井 良広 日本経済新聞出版社 2013/10 248 994 9784532112905
18 ポンドの譲位 - ユーロダラーの発展とシティの復活-- 22
金井 雄一 名古屋大学出版会 2014/01 336 12,940 9784815807597
19 欧州統合、ギリシャに死す 18.8(ソフトカバー)
竹森 俊平 講談社 2015/08 210 1,296 9784062729086
20 東アジア生産ネットワークと経済統合 (慶應義塾大学東アジア研究所叢書) 22
木村 福成, 大久保 敏弘, 他 慶應義塾大学出版会 2016/05 240 4,536 9784766423334


<< 先頭に戻る | 続きを表示 >>


Amazon.co.jp 紹介 上記価格は、出版社が決めた新品の定価です。
購入時にAmazonウェブサイトに表示されている
価格が、その商品の販売に適用されます。


現在の書籍表示順序: 販売数が多い順 発行年月の絞り込み: 指定なし

"発行年月"が新しい順で
"発行年月"の絞り込み から

【買取専門店】家電高く売れるドットコムnone

[ 経済 書籍紹介(主題別) ]


ことわざ
発掘
鹿を指して馬となす (史記)
権勢によって、間違ったことを押し通すこと。
馬と言って鹿を献上し、彼に憚らず鹿と言った者を罰したという故事から。


[ 仕事・暮らしに役立つ書籍目録 ]