豪雨防災:いつ、どこへ、どのように避難するべきか

河川の氾濫による洪水や土石流などの土砂災害は、その発生する規模や場所を気象庁でも前日までに正確に予測することが出来ないのが現状だ。 雨量などが経験値を超えてしまい大きな災害が発生した場合に、最低でも自分と家族の命を守るためには、早めの避難が不可欠だ。しかし普段から避難の準備をしていなければ、幸運を期待して避難行動をためらうことになりがちだ。
災害ハザードマップを見て自身の居住地周辺の危険度を予め把握しておくことが、避難について考えたり万一の危機に備えるきっかけになる。 実際に身近な場所で災害が起きる恐れが高まった時に、自分はより安全な場所へ移動するべきか、避難する場合はどの時点でどこへ行くべきか、車で行けるのか、何を持ち出すべきかなどについて、平時に具体的に計画しておくと良いだろう。
災害の危険度が高い場所に自分がいる場合は、最新の気象情報に注意し、その地域の現在の「災害危険度予測」(気象庁、国土交通省が公表)が赤色表示になったら2時間以内に避難行動を始められるように備えておくことが望ましい。
但し、夜になると雨が激しくなる傾向があり、避難指示が出されてからでは移動が危険になるので、気象予報や個別の状況に応じて、なるべく早めに安全な場所へ移動しておくのが無難だ。

YAHOO! 防災速報(Yahoo Japan)
自治体の避難情報、豪雨、土砂災害、洪水、津波、地震、噴火の予報や速報などを、スマートフォン、携帯電話、パソコンに通知してくれる無料のサービス。速報の対象となる地域の設定は、現在地(スマホ)の他に3地点まで登録できる。
全国の避難所情報(NTT防災タウンページ)
全国の避難場所+公衆電話マップ(PDF)や、全国各地域版の「防災タウンページ」のPDF版が見られる。印刷保存に適している。
新型コロナと災害 避難はどうする?(NHK特設サイト)
人が集まる避難先で感染症に罹ることを避けるためには、まずは知人宅、ホテル、車中泊、垂直避難など、より安全な場所へ分散して移動・避難することが大切になる。ハザードマップ上で災害危険度が低い場所に住んでいたり、頑丈な建物の3階以上に住んでいる人などは、在宅避難が望ましい場合がある。 避難所へ行く場合は感染症予防のために、不織布マスク、除菌ウェットティッシュ、体温計、スリッパなどをなるべく持参する。避難所ではなるべく窓を開け、人との距離をとり、室内での会話を避け、トイレやドアなどの共用部分をこまめにアルコール消毒し、共用物をさわった手をこまめに洗う、段ボールなどで間仕切りを作る、などの対処と協力が必要になる。

要支援者への配慮

高齢者、障害者、乳幼児、妊産婦、病弱者など、避難所で生活する場合に特別な配慮を必要とする人とその家族(要援護者)や、自主的に避難することが難しい外国人などについては、災害発生時は既定の生活支援者による緊急の援助が及ばない恐れがある。そのような場合は、要援護者の近所に住んでいる元気な人たちが、対象者の早めの避難に協力することが期待される。
自治体は要援護者のために福祉避難所を設置することになっているが、受け入れ態勢の準備などに日数を要することも予想される。災害リスクがある場所にいる要援護者の生活支援者は、平時から自助・共助の体制作りにも配慮することが望まれる。

大雨時の自動車運転の危険性

気象庁の「雨の強さと降り方」の解説によると、1時間雨量が30mmを超える「激しい雨」では、ワイパーを速くしても前方が見づらくなり、道路が川のようになり、高速走行時はブレーキが効かない場合がある。そして50mm以上の「非常に激しい雨」になると、雨が滝のように降り、周囲が見えにくく、車の運転はとても危険になる。
激しい雨の時は、後続車に自分の車を早めに発見させるため、昼間でもテールランプを点灯させることが必要。大雨の時は、特にタイヤの残り溝が浅い場合、車が止まりにくくなったりハンドル操作が効かなくなる場合がある。深く冠水した道路を走行すると、クルマの排気管が水没するなどの原因でエンジンが止まり、走行不能となる場合がある。車内に浸水すると水圧のためドアを開けられなくなったり、電動ウィンドウが動作しなくなったり、車体が浮いて流される場合がある。
水深10cm以下ならば、一般的にはクルマは低速で走行可能だ。しかし豪雨・洪水時はわずか数分で状況が悪化する場合もある。大雨・洪水警報、暴風警報などが発表されている時は、交通渋滞により車両が長時間進めなくなったり、土砂崩れ、倒木、損壊、深い冠水などにより道路が通行止めになっている場合がある。道路などの下をくぐる箇所や土地が低い場所は水没していることが少なくない。
また、狭い道路での車列は緊急車両や歩いて避難する人々の通行を妨げる。路上に放置された車両は道路復旧の障害にもなる。
クルマで移動中に緊急避難が必要となった場合は、車両や歩行者の通行を妨げない安全な場所にクルマを駐車し、キーを付けたまま(移動可能な状態)にして徒歩で避難する。

利点の多い、早めのマイカー避難

洪水や土砂災害などによる被害を避けるため安全な場所への移動が必要だと判断した場合、水や食料などの非常持ち出し品を持ち運んだり、家族やペットと一緒に避難するためには、やはりクルマを使おうと考えるのが普通だろう。 歩くことが難しい高齢者などの要援護者の移動にはクルマが欠かせない。
マイカーが泥水に浸かったりすることは避けたいし、避難所での人の密集を避けるために分散避難するという自助の意義もある。 クルマがあれば、燃料消費の心配はあるがクーラーやヒーターが使えるし、専用アダプタがあればスマホの充電などもでき、血栓症のリスクはあるが車内でどうにか眠ることもできる。

洪水を予想した避難

トクする防災 避難の心得―河川氾濫編(日本気象協会)
河川氾濫堤防が決壊して起こる現象。上流で強い雨が長く続いた時には特に警戒が必要。堤防が決壊すると短時間に大量の水が市街地に流入し、広域の浸水被害が起こり、水が引くまでに数週間もかかる場合がある。想定浸水深はハザードマップにより公表されている。洪水予報の対象になっている大きな川(指定河川)は全国に400余りあり、それらについては「氾濫警戒情報」(洪水警報に相当)などが発表される。雨が弱まっても下流の水位は上昇することがあり、洪水警報が出ている間は油断大敵だ。
雨風が強まってきたらどうするか?(防災タウンページ)
特に災害危険度が高い場所では最新の気象情報や自治体の広報に注意し、非常持出し品を準備しておく。離れた場所へ移動するのが危険な状況になる前に、自主的に安全な場所へ移って避難することが大切。避難場所への移動が難しい場合は、なるべく自宅や近所の頑丈な建物の2階以上の場所へ移動する。やむを得ず浸水した道路を歩く時は、脱げにくい紐靴を履き、幼児には浮き袋を使いロープで大人の体に繋げて、足元の安全を確かめながら歩くようにする。
浸水深と避難行動について(川の防災情報/国土交通省)
一般的家屋では浸水深が50cm以上で床上浸水し、2m以上では1階がすべて水没、5m以上では2階の屋根まで水没する。浸水深が大人の膝の高さ以上になり水流があると、殆どの人が歩いて避難することが困難になる。水が濁っていて足下が見えないことが多いので、歩いて移動する場合は杖などで足下を確かめながら進む。想定される浸水深3m以下の場所ならば頑丈な2階以上の建物へ、3mを超える浸水が見込まれる場合は3階以上の建物へ緊急避難することが必要。
水災害の避難時の危険性(NHKそなえる防災)
洪水内水氾濫の時は、20〜30分で浸水深が50cmを超え、床上浸水となるおそれがある。水の力は水深や流速の少しの増加によって急激に増大し、人やクルマは流されやすくなる。幅80cmの一般的なドアに掛かる水圧は、水深30cmで36kg、50cmでは100kgになる。木造家屋は水深が2m以上かつ流速が毎秒2m(7.2km/h)以上あると流される恐れがある。逃げ遅れると命の危険性が高まる。
警戒レベル(4)で全員避難【水害編】- 内閣府 [YouTube]
令和元年の東日本豪雨までの水害・洪水の経験をふまえて内閣府が作った避難啓発ビデオ。(他に子供版、外国語版もある)
Foreign language version: English, Spanish, Chinese, Korean

土砂災害を予想した避難

トクする防災 避難の心得―土砂災害編(日本気象協会)
土砂災害は、土石流(山腹が崩れて土砂や岩が一気に下方へ流れ出る)、がけ崩れ(急斜面の崩落)、地すべり(斜面表層が広範囲に一度に崩落)の3種類に分類されている。「土砂災害警戒区域」はハザードマップで公表されている。 自宅などが警戒区域内にあり、大雨が続いた時は、気象庁がウェブサイト等で公表している「土砂災害危険度分布」(地図上に表示)をこまめに確認することが重要だ。 そして赤色の警戒レベルが表示されたら、警戒区域外の安全な場所へ2時間以内に移動することが望ましい。また、山や斜面の方から不自然な音が聞こえたり、泥水が流れてきたり、土の臭いがしたり、渓流の水かさが急に下がったりした場合は、下流に対して直角の方向にある高い場所や、近くの頑丈な建物の2階以上の場所へ急いで移動することで被害のリスクを下げられる。
広島土砂災害の教訓―命を守る3つの心得(政府インターネットテレビ)
平成26年8月、広島市で土石流やがけ崩れが多数発生し74人の命が奪われた。局地的な集中豪雨の頻度は増えており、土砂災害の発生件数は平成25年までの10年間の年平均が1,100件を超えた。 土砂災害から命を守るためには、(1)普段から災害ハザードマップを見て居住地域の危険度や避難経路を確認しておく、(2)大雨が降り始めたら気象予報や最新の土砂災害危険度分布に注意し、避難勧告が出されたらすぐに避難する、(3)がけ下や渓流沿いに住んでいる人は、明るいうちに早めに安全な場所へ避難する。 「自分の命は自分で守る」という意識を高め、住民が自主的に防災に取り組むためには、住民の絆を深める活動も大切だ。
警戒レベル(4)で全員避難【土砂災害編】- 内閣府 [YouTube]
令和元年の東日本豪雨までの土砂災害の経験をふまえて内閣府が作った避難啓発ビデオ。(他に子供版、外国語版もある)
Foreign language version: English, Spanish, Chinese, Korean


災害被害を軽減する家庭備蓄と避難の手引