〔葉酸とビタミンB群の増量で認知症を予防〕

ビタミンB群(特にB6,B12,葉酸)が欠乏すると、認知機能が低下する場合がある。
また、血中ホモシステイン値が高いと動脈硬化が進行し、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、認知症を引き起こす。 葉酸を多く摂取するとホモシステインの血中濃度が下がるが、併せてビタミンB12ビタミンB6を摂取すると、ホモシステイン値が更に下がり、脳萎縮の進行を遅らせる効果も期待できる。

[ 認知症を予防・改善する具体策 ]