〔有酸素運動が認知症を予防・改善する〕

筋力トレーニング有酸素運動を適度に行うと、脳の萎縮が抑制されたり、認知機能が向上するという。
ウォーキングの際は、2〜3分毎に普通の歩行と早歩きを交互に替える歩き方(インターバル速歩)をすると、改善効果が高まる。
また、有酸素運動をしながら「頭の体操」を同時に行うと(デュアルタスク)、より効果的に脳機能を改善できる。


[ 仕事・暮らしに役立つ書籍目録認知症を予防・改善する具体策 ]