〔ダークチョコレートを食べると記憶力が向上〕

カカオポリフェノールを多く含むダークチョコレートを適量食べ続けると、高血圧の改善(低下)などの動脈硬化を予防する作用や、血流の改善、脳内栄養成分の上昇など、健康によい様々な効果が期待できる。
アメリカのある大学の研究では、25歳までの若者を対象に、カカオの含有率が高いチョコレートを食べさせたところ、食後の脳波検査で脳が鋭敏になったことが判明した。また、血圧が一時的に上昇するが、リラックス効果があるL‐テアニン(緑茶成分)を添加すると、食後の血圧が下がることも分かった。
ある研究グループの報告では、60歳前後の対象者に、カカオの苦み成分であるフラボノール(ポリフェノールの一種)を継続して摂取させたところ、記憶力などの脳機能が顕著に改善することが分かった。


[ 仕事・暮らしに役立つ書籍目録認知症を予防・改善する具体策 ]