労働時間 経済” 関連の書籍を pick up してご案内しています。
書籍の価格や批評などの詳細情報は Rakuten Books のページでご覧頂けます。
(本の画像の部分をTouch/Click)

[ Page: 1 / 1 ]
cover 書名,副題
編・著者 出版社
発行日 reviews ISBN
this cover 「労働時間管理」の基本と実務対応第3版
中井智子(弁護士) 労務行政
2019年06月 0 9784845293018
概要:最新の労基法改正に対応!2019年4月1日施行、時間外労働の罰則付き上限規制、年休の時季指定付与義務ほか。複雑化する法律の解釈と実務上のポイントを分かりやすく解説。
this cover 労働時間を適正に削減し、休日・休暇を正しく運用する法
労務リスクソリューションズ アニモ出版
2020年10月 0 9784897952420
概要:新しいルールに即した働き方を実践して“残業ゼロ”“休日取得促進”をめざそう!働き方改革改正労基法完全対応!正しい知識が身につき、具体的な対応策がわかる!
this cover これ1冊でぜんぶわかる!労働時間制度と36協定
神内伸浩 労務行政
2019年10月 0 9784845293445
概要:働き方改革、長時間労働対策…近ごろ、労働時間制度にまつわる法規制が大きく変化しています。「どう変わったの?」「これってどういう意味?」「こんな場合どうする?」本書は、労働時間制度・36協定の基本や実務について、弁護士がやさしく解説し、1冊でぜんぶわかる本にしました!実務でお困りの方はもちろん、これから勉強したい方にもおすすめします!!
this cover 3時間でわかる同一労働同一賃金入門
山口 俊一 中央経済社
2019年09月 0 9784502319013
概要:2018年に成立した働き方改革関連法で、正規・非正規雇用労働者間の不合理な待遇差が禁止されました。これが、いわゆる「同一労働同一賃金」です。本書は、厚生労働省のガイドラインの解説に加えて、同一労働同一賃金の先進事例や関連判例、各社の対応状況を紹介しながら、自社の対応方針が検討できるよう解説します。
this cover 改正対応 事業者必携 労働時間と給与計算のしくみと手続き(仮)
小島彰 三修社
2018年10月 0 9784384047967
概要:労働時間の管理から給与、賞与、割増賃金の取扱いまで。業務上の基本事項を平易に解説。2018年7月に成立した「働き方改革法」に完全対応。
this cover 新しい労働時間管理 導入と運用の実務
社労士業務戦略集団SK9 日本実業出版社
2018年09月 0 9784534056238
概要:自社により適した労働時間管理の方法はないかと考えている企業に対して、知っておくべき基本事項を解説した上で、新しい手法を含めた、さまざまな制度を紹介します。それぞれの制度について、適した業種や職種、就業規則や労使協定などの作成例、上手に運用していくコツなどを、わかりやすくかつ具体的に解説します。労務管理の専門家だからこそ詳しく書ける労使ともに満足度が高まる労働時間管理導入の手順がわかる一冊!
this cover 残業時間削減の進め方と労働時間管理
荻原 勝 産労総合研究所出版部経営書院
2020年07月 0 9784863262973
this cover 捨てる。手を抜く。考えない。月460時間労働から抜け出した私の方法
須田 仁之 かんき出版
2019年03月 4 9784761274078
概要:圧倒的に仕事ができる人は矛盾・問題を解決しようとせずむしろ受け入れながら先に進む。孫社長に怒られて学んだ!ラクして速い仕事術53。
this cover 「週4時間」だけ働く。 - 9時ー5時労働からおさらばして、世界中の好きな場所
ティモシー・フェリス/田中淳 青志社
2011年02月 53 9784905042099
概要:ニューリッチとは、先送り人生プランを捨て、「時間」と「移動」を使い「今」をふんだんに生きる人のことだ。昔の「リタイアメント」と、「先送り人生プラン」の考え方は忘れてしまえ。なにせ、こんな予測不可能な経済状況の下では、待つ理由も、ましてや必要さえない。出世競争から逃げること、最高の世界旅行をすること、経営者ではなくても月収ウン万ドルを稼ぐことー。どんな夢だっていいんだ。この本は、ニューリッチをめざす人のための、青写真になるはずだ。
this cover 〔労働時間・残業代〕裁判所の判断がスグわかる本
中野 公義 日本法令
2018年08月 0 9784539726228
概要:その就業規則・給与形態…「裁判になったらどうなる?」残業代請求事件における、様々な事実認定のポイント、労務管理、証拠収集等の対応方法を効率よく押さえる1冊。
this cover 最新版 図解でハッキリわかる 労働時間、休日・休暇の実務
佐藤広一 日本実業出版社
2019年09月 1 9784534057228
概要:社員のワーク・ライフ・バランスの意識が高まり、「働き方改革」に取り組む企業が増えています。本書では、最新の法改正の内容を踏まえ、企業が知っておくべき労働時間や休日・休暇に関するルールを、豊富な図表で解説します。実務のポイントに沿って、原則1項目を2頁見開きでコンパクトに解説。初めから順番に読めば、必要な知識が一通り身につきますし、必要なところを拾い読みする形でもOKです。
this cover 時間を取り戻す - 長時間労働を変える人事労務管理
渡部あさみ 旬報社
2016年03月 1 9784845114511
概要:なぜ“時短”は実現できないのか!?ワーク・ライフ・バランスが求められる今日、長時間労働をもたらす「働き方」を強制し、過労死・過労自殺等を生み出す人事労務管理をどのように変えるべきかを提言する。
this cover 労働時間を適正に削減する法 - 長時間労働対策を実践して“残業ゼロ”をめざそう!
労務リスクソリューションズ アニモ出版
2016年06月 0 9784897951904
概要:「時間外労働をもっと減らせないだろうか…」誰にも相談できない経営者にヒントを与える本!長時間労働および過重労働の撲滅は、行政からも強い要請があり、企業としても労働時間を削減していかなければなりません。生産性を維持し、利益を減らすことなく実施できる対策を労務のプロが具体的に指南します!
this cover 労働時間の経済分析 - 超高齢社会の働き方を展望する
山本勲/黒田祥子 日経BPM(日本経済新聞出版本部)
2014年04月 3 9784532134518
概要:「効率的に非効率なことをする」慣習は改まるか?高齢化が進むなか、グローバル競争に勝ち抜くには何が必要か。現代日本人の働き方に関する事実や問題を個票データを用いた緻密な分析によって幅広く検証し、「長時間労働には一定の経済合理性が存在する」「多くの仕事に過度なサービスを要求する非効率が常態化している」「周囲の環境次第で働き方は変えられる」などの知見を導いた労作。
this cover 最適な労働時間の管理方法がわかるチェックリスト
濱田 京子 アニモ出版
2017年11月 0 9784897952079
概要:あなたの会社の“働き方改革”を実現するために、いまスグ役に立つハンドブック!「導入要件」をチェックして、会社の実態に合った管理方法を探そう!労働時間制度のわかりやすい解説から、運用のしかたや留意点を理解しておこう!
this cover なぜ残業を減らしたのに、会社が儲かるのか? - 会社と社員を継続的に成長させる「労働時間マネジメン
労働時間MBOコンサルタント協会/萩原京二 クロスメディア・パブリッシング
2018年10月 1 9784295402343
概要:労働時間を公開できない会社はブラック企業だ!「自律型社員」を育てる、管理者のマネジメントスキルの向上、優秀な人材が集まる。「労働時間MBO制度」初の解説書!「やっていい残業、やってはいけない残業」の見極め方もわかります!
this cover その割増賃金本当に必要ですか? - 誰でもわかる労働時間管理のツボ
布施直春 労働調査会
2013年05月 0 9784863193451
this cover 詳解働き方改革法の実務対応 - 時間外労働・割増賃金・年休・非正規社員待遇等の改正
布施 直春 中央経済社
2018年07月 0 9784502193415
概要:時間外・休日労働の罰則付き上限規制の内容と、それに伴う労働時間管理の変更点を徹底解説!
this cover 時間・労働・支配 - マルクス理論の新地平
モイシェ・ポストン/白井聡 筑摩書房
2012年08月 0 9784480867223
概要:グローバルな経済危機を招来し、絶えざる世界変容を駆動する資本主義=近代。その深層構造を明らかにし、従来のマルクス理解を刷新する“社会理論”の金字塔。
楽天ウェブサービスセンター
1 - 19 番目 目録更新: 2020.10.27(16:40)

先頭に戻る | 続きを表示  >>



中小企業にも残業時間の上限規制

2020年4月から、時間外労働の上限規制が中小企業を含む全ての企業に適用された。1日8時間を超えて働かせる残業について、原則として月45時間、年360時間が上限となる。納期逼迫などの特別の事情がある場合は、労使間で合意した上で月45時間を超えて働かせることができるが、月100時間未満に制限され、45時間を超える月は年に6箇月以内、年間で720時間までとなった。違反すれば罰則も適用される。
[琉球新報, 2020.4.1 の記事より]

短い労働時間で高い成果を上げるドイツ

OECDの調査(2017年)によると、ドイツの一人当たり年間平均労働時間は1356時間で、1710時間の日本よりも約 21% 短い。ドイツの労働時間はOECD加盟国の中で最も短い。ドイツの労働時間に関する法律では、1日の労働時間は残業を含め10時間以内、6か月平均の労働時間は1日8時間以内とされている。経営者は、業務が増えそうだと思ったら社員の数を増やさなければならない。有給休暇は毎年最低24日あり、完全消化が普通だ。ドイツの企業では Home office 制度も急速に広がっている。
[東洋経済ONLINE, 2019.5.7 の記事より]

[用語の意味を調べる時は“コトバンク”で]

[ 目録INDEX: 経済 ]

[fine] 図書目録