自動運転” 関連の単行本を pick up してご案内しています。
書籍の価格や批評などの詳細情報は Rakuten Books のページでご覧頂けます。
(本の画像の部分をTouch/Click)

[ Page: 1 / 2 ]
cover 書名,副題
編・著者 出版社
発行日 reviews ISBN
this cover 自動運転のためのセンサシステム入門   -車載カメラとLiDARによるセンサフュージョンー
伊東 敏夫 日刊工業新聞社
2019年10月 0 9784526080050
this cover これから始まる 自動運転 社会はどうなる!?
森口将之 秀和システム
2017年09月 0 9784798047331
概要:「自動運転」や「無人運転」の自動車なんて自分には無縁の存在だと思っていませんか?あと数年で生活もビジネスも大きく変わります。
this cover 自動車カーシェアリングと自動運転という未来 - 脱自動車保有・脱運転免許のシステムへ
仲尾謙二 生活書院
2018年09月 1 9784865000863
概要:これからの自動車利用のあり方を見通すための「手がかり」とは…。「自動車保有」に対して、大きな転換を示唆するカーシェアリングと、「運転免許制度」を転換させる可能性としての「自動運転技術」。この時代にカーシェアリングから学べることと、自動運転に期待されることを詳述し、自動車の未来を展望する。
this cover 自動運転の技術開発 - その歴史と実用化への方向性
古川修 グランプリ出版
2019年09月 0 9784876873685
概要:クルマの運転自動化の開発は技術のみが先行し、社会的ニーズやリスクの検討が十分に行なわれていない。本書ではそれを踏まえ、クルマの自動運転の研究開発責任者だった著者が、その歴史をたどりつつ、自動運転の実用化へ向けての課題やこれからの開発の方向性を技術的観点から提言する。
this cover 自動運転・運転支援の実現に向けたセンサ開発
室英夫 シーエムシー出版
2020年03月 0 9784781314983
this cover AUTONOMY 自動運転の開発と未来
ローレンス・D・バーンズ/クリストファー・シュルガン 辰巳出版
2020年06月 2 9784777824021
概要:私たちは、自動車による移動形態の大変革の真っただ中にいる。近い将来、人々は自動車を所有せず、アプリを操作して呼び出した無人の電気自動車で移動するようになるだろう。本書は、2004年に開催されたロボットによる無人自動車レースから現在進行中の技術開発の狂騒に至るまでの描写を通じて、自動運転の歴史をひもとき、現在を分析し、未来を予測する。自動運転の本質を理解し、それが引き起こす革命の時代を生きていくための、究極のガイドである。
this cover モビリティと人の未来 - 自動運転は人を幸せにするか
「モビリティと人の未来」編集部 平凡社
2019年02月 1 9784582532265
概要:グローバルに進む「モビリティ」革命。生活、都市、産業に与えるインパクトとは?
this cover 自動運転と法
藤田 友敬 有斐閣
2018年01月 1 9784641125995
概要:自動運転車の普及が現実味を帯びてきた中、事故などの際の法的責任のあり方が議論となっている。本書は、研究者・実務家による検討の成果をまとめ、公表するものである。
this cover Autoware :自動運転ソフトウェア入門
安積 卓也/福富 大輔 リックテレコム
2019年02月 0 9784865941876
概要:Autowareは、一般道での自動運転を可能とするソフトウェアプラットフォームで、名古屋大学を中心に開発され、2015年に世界にさきがけてオープンソースとして公開されました。本書は、自動運転システムの入門者向けに、Autowareを利用するにあたって必須の機能について解説しました。自動運転車両がなくても、rosbag(実証実験などのデータを蓄える仕組み)を利用することで、PC上でシミュレートし、Autowareを仮想体験できる内容としています。
this cover 脳卒中後の自動車運転再開の手引き
武原格/一杉正仁 医歯薬出版
2017年10月 0 9784263218761
概要:リハ専門職必携!現場で役立つ運転再開支援のポイントをコンパクトに解説。
this cover 必携自動車事故・危険運転重要判例要旨集第2版
自動車事故判例研究会 立花書房
2017年05月 0 9784803744118
this cover 自動運転・MaaSビジネスの法務
戸嶋 浩二/佐藤 典仁 中央経済社
2020年06月 0 9784502346118
概要:自動車関連企業はもちろん、自動運転・MaaSビジネスへの新規参入を検討している企業にもわかりやすく、交通ルール、責任関係、安全確保・実証実験のルールなど自動運転に関連した法制度を体系的に整理しています。また、新しいモビリティサービスとそれに紐づく法制度、コネクテッドカーとデータの関係についても幅広く解説しています。改正道路運送車両法・道路交通法に対応した最新の内容となっています。
this cover 鉄道模型自動運転の実験 - システムの構想とATS装置の製作
寺田充孝 工学社
2019年11月 0 9784777520923
概要:元自動車部品メーカーの機械系技術者が、技術力と情熱を全力投下!「複数列車の同時運行」「電車ごとの速度設定」
this cover 自動車運転代行業適正化法の解説改訂3版 - 自動車運転代行業の業務の適正化に関する法律
運転代行法令研究会 大成出版社
2009年12月 0 9784802829212
this cover これならわかる自動車運転者の改善基準Q&A - 元監督署長が解説
村木宏吉 労働新聞社
2014年12月 0 9784897615363
概要:「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」の内容を具体的に、かつ初心者にもわかりやすく平易に解説するだけでなく、業界内の事情等を踏まえた内容となっており、実務的な理解の促進に役立ちます。厚労省、国交省、警察庁3行政の連携についても触れるなど実務的側面を重視。交通運輸業にかかわるすべての関係者、社会保険労務士、中小企業診断士の方にもおすすめの一冊です。
this cover 60分でわかる!EV革命&自動運転最前線
次世代自動車ビジネス研究会/井上岳一 技術評論社
2018年07月 0 9784774198439
概要:次世代自動車でクルマの未来、ビジネス、社会はどう変わるのか?EVや自動運転のいまさら聞けない疑問をやさしく解説!クルマとITの融合が社会やビジネスにもたらす変化を詳説!
this cover 検証・自動車運転死傷行為等処罰法
高山俊吉/本庄 武 日本評論社
2020年09月 0 9784535522909
this cover 脳卒中・脳外傷者のための自動車運転第2版
武原格/一杉正仁 三輪書店
2016年10月 0 9784895905787
this cover ドライバーレスの衝撃 - 自動運転車が社会を支配する
サミュエル・I.シュウォルツ/小林啓倫 白揚社
2019年12月 0 9784826902144
概要:自動運転車は格差を助長し、個人情報を吸い上げる。街から人が消え、コミュニティは崩壊…最悪のシナリオを避けるためにいま何をすべきか。企業優先の“ドライバーレス革命”に、全米トップの交通専門家が警鐘を鳴らす。
this cover 自動運転のための LiDAR技術の原理と活用法
伊東 敏夫 科学情報出版
2020年04月 0 9784904774892
楽天ウェブサービスセンター
1 - 20 番目 目録更新: 2020.10.19(18:30)

先頭に戻る | 続きを表示  >>



自動運転車による集荷のテストを開始

Alphabet (Google親会社)傘下の Waymo は、2020年1月29日に、アメリカ・アリゾナ州で自動運転車による集荷のテストを行うことを発表した。クライスラーのミニバンを使い、UPS (アメリカ郵政公社)の拠点営業所から地域の配送センターへ荷物を運ぶ計画。車両は自律走行するが、運行を監視するために Waymo の人員が乗車する。Waymo は現在600台を超える自動運転車を運行している。
[TechCrunch Japan, 2020.1.30 の記事より]

自律走行の路線バスが実用化予定

茨城県境町は、ソフトバンク子会社の BOLDLY などの協力により、フランス Navya 社製の自律走行バス(NAVYA ARMA)による定路線の運行を2020年4月をめどに開始すると発表した。このバスは定員11人で、ステアリングが無いが運行監視などの要員が2人乗車し、町内の観光拠点から銀行、スーパー、医療センターなどを結ぶ往復5kmのルートを時速19km以下(法令制限)で一日4往復する予定。
[engadget, 2020.1.27 の記事より]

[用語の意味を調べる時は“コトバンク”で]

[ 目録INDEX: 経済 ]

[fine] 図書目録